「男気」で契約第1号となった大分FW伊佐耕平 「最強のFWを連れて来てほしい」と要望!

「男気」で契約第1号となった大分FW伊佐耕平 「最強のFWを連れて来てほしい」と要望!
大分トリニータがJ2で迎える新シーズンに向けて伊佐耕平が契約第1号となった。早い段階での更新に本人曰く「男気契約」とのこと。

「今季はJ3降格の責任を感じていたが、来季はもう一度スタートラインに立てたので新たな気持ちで挑める」と気持ち良くサインしたようだ。さらに交渉の席で「最強のFWを連れて来てほしい」と要望したようだ。理由は、レベルの高いポジション争いができれば自分も成長できるから。「やるからには上のレベルを目指したい。J1でプレーするのが目標なので、今はその過程に過ぎない。凄い選手が来て試合に出られなくなれば、それまでの選手ということ」とライバルの出現を欲している。

来季に向けて「もうはじまっている」と、今季以上に肉体改造に余念がない。個人で“良質なプロテイン”を購入し、トレーナーと密に相談しながら筋力トレーニングのメニューをこなしている。高松大樹が引退し、ポストプレーヤーとしての役割を伊佐が担うことになる。「ダイキさんのようにどっしり構え、相手にぶつかられてもブレないために体を鍛えまくっている」。

来季の目標はコンスタントに試合に出て、結果を出すこと。「ケガなくシーズンを戦えれば結果はついてくると思っている。J2でもJ3であってもやることは変わらない」と強気だ。チーム始動日には、「バッキバキの筋肉の鎧」を身にまとい、なぜかガングロでボンバーヘアの出立ちで登場をするとのこと。「見た目もイカツくないとね。オフは筋トレしながら日サロに通う」らしい。

【柚野真也(trinita eye)】ゆの しんや。1974年、大分県大分市生まれ。大学卒業後、専門紙の記者として活動。その後、フリーランスのライターとして活動を開始。JリーグからFリーグ、バスケットボールのbjリーグなど、九州のスポーツシーンを数多く取材。「週刊サッカーダイジェスト」、「J2マガジン」「九州Jパーク」などサッカー専門媒体や、朝日新聞大分頁で毎週土曜にスポーツコラムなど執筆している。

更新日:2016年12月15日

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME