top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大津事故の会見に苦言殺到…つるのツイートには33万の賛同

女性自身

5月8日、滋賀県・大津市で軽乗用車が保育園児の列に突っ込む事故が発生。園児2名が死亡した。同日夕方に保育園は会見を開いたが、参加した記者たちの態度に非難の声が集まっている。

 

会見に出席した園長は園児たちを亡くした悲しみのあまり、当初からうなだれて嗚咽を漏らしていた。そんななかNHKの記者は「園長先生におうかがいしたい」と指名し、「亡くなった園児はどんな子どもだったのか」と質問。園長は園児を思い出し、答えながらもタオルで顔を覆い泣き崩れた。またテレビ朝日の記者も園長を指名し、「被害を受けた園児にどう声をかけたいか」と問いかけた。すると園長は「痛い思いをさせてごめんなさい」と涙ながらに謝罪した。

 

会見では園長が「何も言えない」と、悲しみのあまり答えることを拒否するシーンも。また同席者が代弁する場面もあったが、園長を指名しての質問は会見で頻発した。

広告の後にも続きます

 

「事故当時、保育士たちは園児たちとともに信号待ちをしていました。保育士たちは園児たちを歩道の奥に置き待機していたといいます。そこに車が突っ込んできたわけです。保育園も痛ましい事故で園児たちをなくした被害者でしょう」(テレビ局関係者)

 

今回の会見がテレビで放映された途端、各界でも異を唱える声が噴出した。教育評論家の尾木直樹氏(72)は同日に「保育園には何の非もありません!」というタイトルのブログを更新し、「とても見てられませんでした」とコメント。さらに「保育園の先生方は 明らかに被害者」「衷心よりお見舞い申し上げます」とつづった。

 

立憲民主党の蓮舫副代表(51)も9日Twitterで、《園長先生への立て続く質問が急がれるものだったのでしょうか》と投稿。また散歩前の園児の様子を訊ねる質問もあったために《あの場で聞くものなのだろうか》ともつづった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル