top_line

タモリが唸った鉄オタ芸人の「激ウマ駅弁旅」西日本編

SmartFLASH

(1)ドクターイエロー弁当

 

『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)に出演した際、タモリを驚かせたほどの鉄道マニア、お笑いコンビ「ダーリンハニー」のボケ担当・吉川正洋。3歳で出会って以来、食らいつくした全国の駅弁は約1000食! 吉川が厳選した激ウマ駅弁のなかから、西日本編を紹介する。

 

「(1)『ドクターイエロー弁当(冒頭の画像)』は、陶器におかずが詰まっていて、子供たちは一撃です(笑)」

 

 

(2)しいたけ弁当 素晴ら椎茸

 

「鳥取の『日本きのこセンター』のジャンボ椎茸を使用した(2)『しいたけ弁当 素晴ら椎茸』は、地元のお醤油屋さんの醤油と絶妙です」

 

(3)吾左衛門鮓 鯖

 

「(3)『吾左衛門鮓 鯖』を食べたくて、米子にも寄りました。脂がのった真鯖、甘酢仕立ての酢飯は地元産『ひとめぼれ』です」

 

(4)かつおたたき弁当

 

「全国的にも珍しい生モノ駅弁が、(4)『かつおたたき弁当』。ポン酢が2本つくので、思いきってジャバジャバかけましょう」

 

(5)醤油めし

 

「昭和30年代から販売された、(5)『醤油めし』ですが、2018年4月に販売中止に。しかし、同年夏、レシピを継承した会社が販売再開。嬉しかったです」

 

(6)あゆずし

 

「酢締めにした鮎をドーンと、すし飯の上に乗せた(6)『あゆずし』は、頭も豪快に食べられます」

 

(7)百年旅物語 かれい川

 

「喜例川駅は、開業100年超の無人駅です。(7)『百年旅物語 かれい川』は、さつま芋のかき揚げ『がね』やコロッケが美味しいですよ」

 

【駅弁DATA】

(1)「923形ドクターイエロー弁当」(1200円・税込み)淡路屋/新神戸/JR各線
「黄色いおかず」がいっぱいで、カレーパスタやスコッチエッグなど充実している

(2)「しいたけ弁当 素晴ら椎茸」(1200円・税込み)アベ鳥取堂/鳥取JR山陰本線
 肉厚椎茸を、オリジナルの醬油で煮込む。椎茸と山椒で炊いたごはんが絶妙な味

(3)「吾左衛門鮓 鯖」(1950円・税込み)米吾/米子/JR山陰本線  日本近海で獲れた鯖は脂のり抜群。昆布は北海道産。東京・上野でも購入できて、マツコ・デラックスも絶賛! 

(4)「かつおたたき弁当」(1100円・税込み)安藤商店/高知/JR土讃線
 斬新な生モノ駅弁。ねぎ、玉ねぎ、みょうがなど薬味ものっている。保冷剤つきで安心。酒の肴にも! 

(5)「醤油めし」(780円・税込み)三好野本店/松山/JR予讃線
 醬油めしの上に、錦糸卵と椎茸煮。鶏のうま煮も美味。販売中止を乗り越えて復活した

(6)「あゆずし」(1100円・税込み)人吉駅弁やまぐち/人吉/JR肥薩線
 青竹をかたどった容器が、雰囲気をかもし出す。60年間、この形で売っている。人吉は、いまも販売員が手売りする、稀少な駅だ

(7)「百年の旅物語 かれい川」(1200円・税込み)森の弁当やまだ屋/嘉例川/JR肥薩線
 JR九州駅弁グランプリで3年連続1位に土日祝日のみ、午前10時半から販売

 

よしかわまさひろ 
41歳 東京都出身 高校時代の友人・長嶋トモヒコとコンビを組み、デビュー19年め

 

(週刊FLASH 2019年5月7・14・21日合併号)

TOPICS

ランキング

ジャンル