top_line

777億円超えホラーの続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の公開が決定 ジェームズ・マカヴォイらが出演で

SPICE

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編が、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』として、11月1日(金)に公開されることが決定した。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、ホラー小説の大家スティーヴン・キング原作の小説『IT/イット』を映画化した作品。静かな田舎町にピエロの姿をした“それ”が現れ、神出鬼没、変幻自在に子どもたちの命を狙い続けるホラー作品だ。日本では、2017年に公開された同作は、北米では3日間で1億2,300万ドル突破のオープニング記録を打ち立て、全世界興行収入7億ドル(777億円 ※1ドル=111円換算)超え。『エクソシスト』の持つ興行記録を44年ぶりに塗り替えた、R指定ホラー史上No1のヒット作である(BoxOfficeMojo調べ)。日本でも興収22億円、観客動員数169万人超のヒットを記録している。 

前作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』予告


2年を経て公開される『IT/イットTHE END “それ”が、見えたら終わり。』で、シリーズはついに完結。前作の27年後を舞台に、再び発生する“連続児童失踪事件”が描かれる。「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」というメッセージを受け、かつて“それ”と対峙したビルらルーザーズ・クラブの仲間たちは故郷の町・デリーに帰ってくることに。再び“それ”に立ち向かう、彼らの運命やいかに。 


ルーザーズ・クラブの中心となるビルの27年後の姿をジェームズ・マカヴォイが演じるほか、同じく27年後のベバリー役でジェシカ・チャスティンが出演。恐怖の殺人ピエロ・ペニーワイズ役は、ビル・スカルスガルドが続投する。メガホンをとるのは、こちらも前作に引き続き、アンディ・ムスキエティ監督。

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は11月1日(金)全国ロードショー。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル