top_line

道の駅、1146カ所全部行ったらここがよかった【レジャースポット編】

SmartFLASH

 全国に1154カ所も登録されている道の駅。もともとは幹線道路にある、トイレや休憩所を備えた施設にすぎなかったが、最近はそれだけではない。その土地の特色をピックアップした物産コーナーやレジャースポット、ついには温泉施設まで付属する駅が増えている。

 今回、平成中に完成した道の駅1146カ所すべてを回った浅井佑一さんに、「レジャースポットとして楽しめる」おすすめ道の駅を選んでもらった。

 

 

●青森県外ヶ浜町「みんまや」

 

かつての青函トンネルに潜り込め!

「青森県といえば青函トンネルですよね。この駅に併設されている『青函トンネル記念館』という施設で、青函トンネルを試掘した場所に入れるんです。『モグラ号』っていう電車に乗って、海面下140mぐらいの深さまで潜っていけます。なかなか迫力があります」

青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜99

 

●秋田県北秋田市「たかのす」

 

ギネス認定された太鼓あり

「太鼓が叩きたい気分になったらここに行ってください(笑)。『牛の一枚皮を使った世界一の和太鼓』という、ギネスにも登録されている大太鼓があるんです。直径3.8m、胴の長さが4.52m、重さは3.5tにもなります。さすがにギネスの大太鼓は叩けないんですけど、ほかにも世界各国の太鼓が置いてあったり、バラエティー豊かで楽しいですよ」

秋田県北秋田市綴子字大堤道下62-1

 

●徳島県阿南市「公方の郷なかがわ」

 

ただ1人の道の駅公式占い師

「たぶん道の駅で唯一なんですけど、大福かあさんっていう公式占い師の方がいるんです。工事現場にあるような仮設の事務所で占ってくれます。その方はもともと建設会社に勤めていて、そこで風水にはまって、先生について教わってから占い師になったと話してましたね」

徳島県阿南市那賀川町工地803 

 

●石川県千里浜町「のと千里浜」

 

波打ち際すれすれをドライブ

「海岸をドライブウェイできる、珍しい場所です。普通の砂場だと車が沈んでしまうんですけど、ここは砂が水で固まるので走れるんですね。ちなみに、ここで売っている『はくい米』っていうお米が、無農薬で肥料も使わないオーガニックなものでとてもおいしいです。塩むすびが最高においしいので、ドライブした後にはぜひ」

石川県羽咋市千里浜18-1

 


●大分県日田市「鯛生金山」

 

かつての黄金郷で砂金取り

「かつて『東洋一の黄金郷』と言われたこの金山では、砂金とり体験ができるんです。水槽みたいな場所に砂金が撒いてあって、お皿ですくっていきます。もちろんとった砂金は持って帰れますよ。他にも、併設の地底博物館では坑道見学ができます」

大分県日田市中津江村合瀬3750

 

●千葉県安房郡「保田小学校」

 

懐かしい思い出がよみがえる

「ここは、もともと小学校だった建物を改築していて、教室に宿泊ができるんです。教室は大体真ん中で仕切られているので、黒板側で寝るか、ランドセルを置くロッカー側で寝るか選べるのもポイント。レストランでは揚げパンなど、学校給食っぽいメニューも出してくれるんです」

千葉県安房郡鋸南町保田724

 

写真・浅井佑一
 2014年から、キャンピングカーで車中泊をしながら道の駅をめぐり始める。2019年4月27日、平成中に完成した道の駅1146か所をすべて制覇した。著書に『首都圏「道の駅」ぶらり半日旅』。

TOPICS

ランキング

ジャンル