タナカマサオを殺せ 日本テレビ系列ドラマ『あなたの番です』第3話レビュー

タナカマサオを殺せ 日本テレビ系列ドラマ『あなたの番です』第3話レビュー
原田知世、田中圭主演の日本テレビ系列ドラマ『あなたの番です』。4月28日(日)よる10時30分に放送された第3話では、憎むべき人物を殺して“もらった”藤井が、次は「あなたの番です」と殺人犯から重ねて督促を受ける。追いつめられた藤井はついに……。

企画・原案は秋元康。テーマは「交換殺人」。マンション内で次々に起こる殺人事件。その始まりは「交換殺人ゲーム」と称されて行われた投票だった。連続殺人事件は本当に動機なき交換殺人なのか。それとも、それを隠れ蓑にする同一犯の仕業なのか。第1の犠牲者はマンション管理人の床島、第2の犠牲者はタレント医師の山際だった。

恐怖の殺人督促状

タレント医師・山際(森岡豊)の惨殺に、 藤井淳史(片桐仁)は激しく動揺していた。「交換殺人ゲーム」の用紙にその名を記したのは自分だったからだ。その日を境に、藤井の自宅には「あなたの番です」と書かれた殺人督促状が次々と舞い込むようになった。さらに自宅には山際の生首まで届けられた。それは藤井が外出している間に、跡形もなく消えていたが。追い詰められた藤井は精神バランスをしだいに崩していった。

藤井は自分が持っている紙を開いた。そこには「タナカマサオ」とある。交換殺人ゲームのルールに従えば、その人物を殺さなくてはならない。怪文書はそれを実行するまでやみそうもない。しかし、その名前に心当たりはなかった。探そうにも手掛かりすらない。

標的はタナカマサオ

幸か不幸か、タナカマサオ(名倉右喬)は藤井の前に患者として現れた。マンション住民行きつけのブータン料理店のオーナーだった。名前に聞き覚えがなかったのは、彼が店では、料理に箔をつけるためにブータン人を騙っていたからだ。

やるしかない。藤井は深夜タナカが一人になったころ合いを見計らって店内に侵入し、調理場の包丁を手にした。

ブータン料理店でホール係として働く203号室のシンイー(金澤美穂)は、同居人から「藤井からタナカマサオについて尋ねられた」と聞かされた。彼女はタナカの度重なる悪質なセクハラに悩んでおり、交換殺人ゲームでは彼の名を記していた。しかし、実際に殺されるとなれば話は別だ。慌てて店に電話し、危険が迫っていることを伝えようとした。手遅れだった。電話口に耳をつんざく爆発音が響いた。店内のガスホースが切られており、タナカが喫煙のためにつけたライターの火で着火し、爆発したのだ。。

殺人は藤井の手によってなされたのか、それとも藤井は怖気づいて帰宅し、ほかの何者かによって行われたのか……。翌日シンイーの自宅ベランダには藤井が手にしていた包丁が置かれ、そこには「あなたの番です」と書かれていた。

連続殺人事件の構図

序盤3回が終わったところで、少々推理をしてみたい。まずは、このリレー型連続殺人事件の構図を描いたのは誰か、という点から。

この作品は、言うまでもなくアガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」の系譜にある。で、密室殺人系では、たとえば映画「SAW」なんかもそうだったが、開始早々殺された(と思われた)人物が犯人であることが多い。逆に、後々まで引っ張る怪しい人物はほぼ“当て馬”だ。その定石に照らし合わせれば、もっとも怪しいのは、竹中直人が演じた管理人・床島比呂志となる。床島は、病気で余命いくばくもなかったという設定になっていた。不動産を持つ住民たちをやっかみ、どうせ死ぬのなら、死なばもろともと考えて不思議はない。床島は各部屋にズケズケ入り込むくらいだから、住民たちの個人情報・ウイークポイントも知っていたはずだ。ただし、本人は死亡しているのだから、計画を実行するには、協力者が必要になる。それが謎の男という設定の細川朝男(野間口徹)なのではあるまいか。と見せかけて(彼を当て馬にして)の、実は住民のなかに床島と血のつながりのある人物がいて……というパターンもあるかもしれない。

菜奈はなぜ婚姻届けの提出に同意しないのか

ここ2回、少々影の薄い手塚菜奈(原田知世)、翔太(田中圭)夫妻について。菜奈は相変わらず翔太に「交換殺人ゲーム」のことをひた隠しにしている。菜奈が用紙に誰の名前を書いたのか、誰の名が書かれた用紙を受け取ったのかも、不自然なまでに触れられていない。これに関わる今後の展開への伏線として考えられるのは、いまだ菜奈が婚姻届けの提出に賛同していないことか。そこに菜奈が翔太に隠している秘密があり、その秘密に関係する人物の名をゲームで記していたとすれば、ストーリーは一気に動き出すのだがはたして。

第4話は、5月5日(日)夜10時30分放送

翔太、交換殺人ゲームについて知る。第4話は日本テレビ系列で5月5日(日)夜10時30分放送。

『あなたの番です』公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anaban/

(更新日:2019年5月14日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME