top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イチローから錦織圭まで「アスリート」11人の熱愛スクープ史

SmartFLASH

 時代はついに令和に変わった。平成の30年と4カ月のあいだに本誌がとらえてきたのは、熱愛、純愛、不倫に、かなわぬ恋……。そう、男と女が織り成す愛の物語だ。幕を閉じたひと時代に別れを告げるべく、平成の「テレビには映らないアスリート愛」のスクープ写真を公開する。

 

● イチロー―福島弓子/平成11年12月 

 

 3月に現役を引退したイチロー(45)は、引退会見で弓子夫人(53)を、「ゲーム前にホームのときは妻が握ったおにぎりを食べている。その数は2800。3000個握らせてあげたかった」と労った。弓子夫人の誕生日直前、ハワイへの新婚旅行に出発する2人は、笑顔だった。平成の終わりとともに、夫婦の第2の人生が始まった。

広告の後にも続きます

 

イチロー

 

● 伊達公子―ミハエル・クルム/平成13年2月 

 

 テニスを観戦中に、顔を寄せ合う伊達(48)とクルム(49)のラブゲーム。このとき仲のよかった夫婦は、平成28年に離婚した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル