top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉岡里帆が会見で癒やし発言「優しくなれるバリアを張る」

SmartFLASH

 

 4月16日、映画『パラレルワールド・ラブストーリー』のプレミアイベントに玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、田口トモロヲらが登壇した。

 

 映画の内容がシリアス寄りのミステリーだったからか、現場の雰囲気はかなり厳しいものだったという。玉森は「基本、そんなに笑いとかにこやかな空気ではなかった。ずっと緊張感のある現場でした」と振り返っていた。吉岡も「ほんとに監督はドSです。味わったこともないぐらい、とてもストイックな現場でした」と話す。

 

広告の後にも続きます

 

 撮影中のエピソードを聞かれると、吉岡が「玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで鼻血を出されたと聞きまして。追い込まれすぎた鼻血なのかと……」と打ち明けると、会場のファンから悲鳴があがった。玉森自身は「大事なシーンで自分も熱があがりすぎちゃったのか、いろいろ考えたら鼻血がたらーんと垂れてきて」とあっけらかんと語っていた。

 

 吉岡に「ドS」と称された森義隆監督は、『ガイアの夜明け』などドキュメンタリー番組の演出も多く手掛けてきたベテランだ。「玉森裕太という俳優を誕生させるという思いから、今回は彼を追い込みました。結果、その期待に彼は見事に応えてくれました」と楽しそうに語っていた。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル