top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【動画あり】ミュージカル『キンキーブーツ』開幕~小池徹平&三浦春馬の最強タッグが愛と誇りを歌い上げる!

SPICE


2019年4月16日、東京・東急シアターオーブにてブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が開幕する。その前日、同劇場にて記者会見とゲネプロ(通し稽古)が行われた。下記ゲネプロ動画をぜひご覧いただきたい。

【動画】ミュージカル 『キンキーブーツ』公開ゲネプロ(2019.4.15)より


本作は、経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリー(小池)がドラァグクイーンのローラ(三浦)に出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた物語。2005年に公開された同名イギリス映画をミュージカル化し、シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題となった大ヒット作品だ。2013年、ブロードウエイ最高の栄誉であるトニー賞を「作品賞」など最多6部門を受賞した。

日本では、2016年に初演され、全日、即日完売の大盛り上がりで、劇場はスタンディングオベーションの嵐に。昨年末にはTVの音楽特番でも舞台の一部が披露され、日本中を熱狂の渦へと巻きこんだ。本作で小池は第42回菊田一夫演劇賞の演劇賞を受賞、また、三浦春馬は第24回読売演劇大賞の杉村春子賞を受賞した。

広告の後にも続きます



この写真に納まりきらないくらい後ろにも多くの報道陣がいるんです!



超話題作の再演という事でこの日記録的な人数のマスコミが集まる中、小池、三浦のほか、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、そして演出・振付のジェリー・ミッチェルが会見に登壇し、心境を語った。

ミッチェルは、両脇に立つ小池とソニンの肩をがっちりと抱きながら、「3年前に日本で家族を作りました。その家族が3年後に全員戻ってきてくれました。それはある意味この作品がそれほどまでに愛されたという事だと思います。このショー自体が愛と信頼を描き、「相手をそのまま受け入れる」という事がテーマになっていますので、その信頼関係があってこその再演だと思います」と喜びを語った。‬

三浦は「素晴らしい稽古ができたと思っています。もう、一度演じているので、みんなのチームワークそのままに、またそれぞれがこの3年間に成長し学んで来た事も多くあったので、それをみんなでシェアしながら練習できたかな」とこの日までの道のりを振り返る。また、久しぶりのローラ姿について問われると、三浦は「この扮装ができる事に喜びがありますし、自分の誇りにも思います」と胸を張った。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル