長谷部誠、6連勝ストップに落胆も「ポジティブであり続けるべき」

長谷部誠、6連勝ストップに落胆も「ポジティブであり続けるべき」
 ドイツ・ブンデスリーガ第29節の試合が現地時間14日に行われ、フランクフルトとアウクスブルクが対戦。アウェイのアウクスブルクが3-1で勝利を収めた。 リーグ戦6連勝と好調な戦いを続けていたフランクフ…

 ドイツ・ブンデスリーガ第29節の試合が現地時間14日に行われ、フランクフルトとアウクスブルクが対戦。アウェイのアウクスブルクが3-1で勝利を収めた。

 リーグ戦6連勝と好調な戦いを続けていたフランクフルトは前半14分にFWゴンサロ・パシエンシアのヘディング弾で先制したが、前半のうちにFWマルコ・リヒターに2点を奪われてしまう。後半立ち上がりにはMFジェルソン・フェルナンデスの退場で10人となり、終盤にもアウクスブルクに追加点を許した。

 年明け以降のリーグ戦で11戦連続無敗を維持していたフランクフルトだが、約4ヶ月ぶりの黒星となった。先発でフル出場した長谷部誠も落胆する様子を見せている。試合後のコメントをクラブ公式サイトが伝えた。

「今日はすごく苦い敗戦でした。最後まで全力を尽くしましたが、数的不利の時間が長い試合が2試合続いたことが大きな負担になりました。前を向いてポジティブであり続け、頭をクリアにして、木曜日に向けてリフレッシュするべきです。ここまで素晴らしいシーズンを過ごしてきたので、顔を上げて戦い続けることができると思います」と長谷部は話している。

 フランクフルトは先週行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのベンフィカ戦でも前半20分に退場者を出し、2-4で敗れていた。18日にはホームにベンフィカを迎えての2ndレグで逆転を狙う。

(更新日:2019年4月15日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME