名古屋の新たな心臓はジョアン・シミッチ。超優良助っ人が秘める「予知能力」の秘密

名古屋の新たな心臓はジョアン・シミッチ。超優良助っ人が秘める「予知能力」の秘密
パス成功数はイニエスタ超え 昨季は残留争いに巻き込まれた名古屋グランパスだが、今季は様子が違う。7試合を終えて4勝1分2敗で勝ち点13を積み上げて4位につけている。その好調を支えているのが、今季から加…

パス成功数はイニエスタ超え

 昨季は残留争いに巻き込まれた名古屋グランパスだが、今季は様子が違う。7試合を終えて4勝1分2敗で勝ち点13を積み上げて4位につけている。その好調を支えているのが、今季から加入したセントラルMFの2人。そして、特にブラジル人のジョアン・シミッチが際立った能力の高さで攻守に絶大な貢献を見せている。(取材・文:舩木渉)

——–

 引き分けに終わったが、Jリーグで90分間があれほど短く感じた試合を見た記憶はほとんどない。手に汗握る展開とは、まさに13日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節・横浜F・マリノス対名古屋グランパスのことを言うのだろう。

 お互いに「やりたいこと」を貫こうとするスタイルで、確かに90分間やりきった。序盤の8分に名古屋が攻勢をかけてジョーのPKで先制し、20分にはマリノスがマルコス・ジュニオールの2試合連続となる今季4点目で追いついた。

 その後は一進一退の攻防が試合終了まで続き、両チームともあと一歩の決定機を何度も作った。そんな強度の高いゲームなら誰もが必死に走り回るように見えるものだが、1人だけ異質な雰囲気をまとい、飄々と効果的なプレーを連発している選手がいた。ジョアン・シミッチである。

 今季から名古屋に加入したブラジル人MFは、現在25歳。名門サンパウロの下部組織出身で、ブラジルU-20代表招集経験もある。来日前は期限付き移籍していたポルトガル1部のリオ・アヴェで主力として活躍しており、レンタル元のイタリア・セリエAのアタランタから改めて名古屋に移籍する形で日本にやってきた。

 移籍加入の発表は2月6日だったため、プレシーズンも沖縄での2次キャンプの途中から合流する形に。Jリーグ開幕まで短い時間しか残されていなかったが、瞬く間に信頼を獲得して現在はリーグ戦全試合フルタイム出場中だ。

「まず何よりもチームに入った時に温かく迎え入れてくれたのもすごく大きいし、やはり風間監督が求めているサッカーも、自分がこれまでやってきたサッカーにも似ていたから」と、素早く名古屋に順応できた要因について語るJ・シミッチは、すでに“順応”以上の傑出したパフォーマンスを披露している。

 サッカーの様々なデータを扱うウェブサイト『Sofascore』によれば、J・シミッチは7節を終えた時点で595本のパスを成功させている。これは畠中槙之輔やアンドレス・イニエスタらを抑えて堂々のリーグ1位。そしてセントラルMFという難しいポジションにもかかわらず、パス成功率も88%という非常に高い水準を維持しているのだ。

 本人も「風間(八宏)さんのサッカーは攻撃的で、常に試合をコントロールする。そこの見方は習得できた」と手応えを感じている。ボールを止める・蹴るの基礎技術が高く、特に左足のパス精度は長短問わず抜群で、相手の狙いを外す動きにも長けている。風間サッカーにこれほど適した人材は、なかなか見つからないだろう。

順風満帆ではなかったキャリア

 さらに献身性も備えているから恐ろしい。セントラルMFでコンビを組む米本拓司は「相手がいてもそれを気にしないでボールを持てるところはすごいかなと思います。なおかつ献身的に守備ができるし、あそこまで走れる外国人選手というのはなかなかいないんじゃないか。僕は外国人選手と組むのは初めてなので、いろいろな発見があって楽しいです」と、高いレベルで技術と運動量が融合している相方を称賛していた。

 サンパウロ出身のJ・シミッチは、トップチーム昇格後の2014年7月にヴィトーリア・セトゥバルへ期限付き移籍し、ポルトガルで欧州サッカーに初めて挑戦した。そこで1年間主力として活躍し、1部リーグで29試合に出場して6ゴール2アシストを記録。

 ブラジルに戻ってサンパウロに復帰すると、2016年には全国選手権1部で22試合に出場した。コパ・スダメリカーナやコパ・リベルタドーレスでもプレーするなど経験を積むと、2017年に大きなチャンスが訪れる。アタランタへの移籍が実現したのである。

 だが、イタリアのトップリーグの壁は厚かった。左ひざの半月板を負傷して手術を受けた影響もあったが、リーグ戦では10試合のベンチ入りのみにとどまり出場は叶わず。2018/19シーズンはポルトガル1部のリオ・アヴェへ貸し出され、主力として19試合に出場して名古屋行きへつながる。

 ブラジルU-20代表の一員として現リバプールのGKアリソンや、現ラツィオのワラシ、そしてガンバ大阪のアデミウソンらとともに2013年のトゥーロン国際大会優勝も経験した有望株だが、プロ選手としてのキャリアは決して順風満帆ではなかった。

 それでも「賢いサッカー選手なら、通ってきたクラブや地域のものを自分のために使う。イタリアでもプレーして、自分にとってプラスになる部分を習得できたと思う」と語り、「ヨーロッパだと運動量が求められるところがあって、攻守両面においてすごく運動強度が高い。ブラジルだとテクニックを用いたサッカーをしている。一方、日本だとパスやコントロール、攻守の切り替えの早さは他と違うと思う」と、各地域のスタイルの違いを理解しながら、過去の経験も生かしてJリーグでもさらなる成長を目指している。

Jリーグでも発揮される「予知」の力

 話を聞いていると、ピッチ上の印象とともに「賢いサッカー選手」とは彼のことを言うのだろうとも思えてくる。長短のパス精度や、守備面での貢献が注目されがちだが、J・シミッチのプレーを見ていると危機察知能力や、展開を読んで次を予測する力、それに伴う判断の精度と早さ、戦術理解力が際立って高い。

 例えばマリノス戦では、下がってボールを受けようとする相手の選手に対して後ろから圧力をかけてプレーを遅らせたり、先に動いてパスをインターセプトしたり、危険な場合はファウルで止めたりすることも躊躇いなく繰り返していた。危ないと察知したスペースを埋め、次の展開を読んでポジショニングを調整して即座に相手の選択肢を制限するプレーは卓越している。

 攻撃面でも先読みが光っていた。マリノス戦の35分、中谷進之介からのパスを受けたJ・シミッチは、左足でボールをコントロールしながら反転して、左足で左の一番外側から相手ディフェンスラインの背後を狙った和泉竜司に見事なパスを通した。そして和泉は惜しいシュートにまで持ち込んでいる。

 リスクを負う際の判断も的確で、いい形で前を向けないと思えばテンポを抑えながら相手選手を引きつけるためにディフェンスラインの選手と簡単なリターンパスを繰り返すなど、五分五分の縦パスや大きなサイドチェンジに執着しているわけではない。先の展開を察知しながら臨機応変な判断を下すことができる。

 では、J・シミッチ自身は自分の武器についてどう考えているのだろうか。

「細かくは言えないけど、試合(の展開)を予知できるのは自分の1つの武器で、そこでどこにパスを出すのか、長いボールが欲しいのか、短いボールが欲しいのかなど、常に1歩先のことを考えながらやっている」

 こう述べた上で「その人たちのようになりたいというのではないけど、その中でも自分のプレーを近づけたいというのであればセルヒオ・ブスケッツだったり、アンドレア・ピルロや、トニ・クロースのようなことをしたい」と具体的な選手の名前も挙げてくれた。

名古屋で目指すのは「タイトル」

 彼らは確かにいずれも先の展開を読む力に長け、パス精度もずば抜けて高く、中盤の底から長短の配球を使い分けてゲームを組み立てていくタイプの選手たちだ。これまで4-1-4-1のアンカーや名古屋での4-2-3-1の「2」の一角など、中盤で基準となるかじ取り役を担ってきたJ・シミッチにとって、ブスケッツやピルロ、クロースはわかりやすい指標だろう。

 すでに名古屋ではサンパウロの下部組織時代から同級生だったガブリエル・シャビエルのフリーキックに、頭で合わせてJリーグ初ゴールも奪っているJ・シミッチ。実はヘディングもかなり得意で、相手のゴールキックに対する競り合いも高確率で勝てる他、セットプレーでのターゲット役にもなっている。まだ日本では見せていないが、精度の高い左足での直接フリーキックやPKも備えている。

「常に今日を考えながら生きている。けど、グランパスにはすごく温かく迎えてもらったので、もちろん目標としてはこのクラブでタイトルを獲得したい」

 イニエスタやダビド・ビジャ、セルジ・サンペールといったヴィッセル神戸勢、さらにフェルナンド・トーレスらがいるサガン鳥栖などが脚光を浴びるが、J・シミッチは貢献度も加味すれば彼らに勝るとも劣らない超優良助っ人だ。

 無名選手の才能を見出して一流に育て上げることで有名なアタランタが目をつけたのであれば、才能は折り紙付き。「予知能力」を秘めたコンダクターは名古屋をさらなる高みに導くことができるだろうか。

(取材・文:舩木渉)

更新日:2019年4月15日
提供元:フットボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME