top_line

國學院久我山vs都立雪谷

高校野球ドットコム

国学院久我山、都立雪谷の追撃かわし秋に続き準々決勝進出

 ともに打線が好調で勝ち進んできた國學院久我山と都立雪谷の試合は、後半はやはり点の取り合いの様相を呈したが、勝敗の分岐点になったのはむしろ初回の攻防で、その主役となったのが、國學院久我山の3番で中堅手の西川 新であった。

 1回表國學院久我山は、立ち上がりが不安定であった都立雪谷の先発大澤諒真を攻め、1番・神山 福生、3番・西川のライト線への二塁打で1点を先制。5番で先発投手でもある高下 耀介の中前安打で西川も生還する。

 その裏都立雪谷は、2番・横尾元就が敵失で出塁すると、3番・日沼航一は中前安打。一塁走者の横尾は一気に三塁を狙うが、國學院久我山の背番号4、身長163センチと小柄な中堅手・西川の矢のような送球で横尾はアウトになった。結局都立雪谷は初回無得点であったので、このプレーが大きかった。國學院久我山の尾崎直輝監督は、「この春内野もやらせようと思い背番号は4ですが、もともと外野手です。肩も強いのであれくらいはやってくれると思います」と語る。

 3回表都立雪谷は1番・永江隼人の二塁打で1点を返すと、5回表國學院久我山は3番・西川の右前適時打で突き放す。そして試合は、7回以降、本格的に動き出す。

 7回表國學院久我山は、8番・伊藤佑馬のピッチャー返しの打球が、都立雪谷の投手・大澤の膝に当たった。それほど強い打球ではなかったが、当たり所が悪かったので、投手交代のタイミングを考えていた都立雪谷の芝浩晃監督は、大澤に代わり下手投げの深田歩をマウンドに送った。

 投手強襲打で出塁した伊藤は、9番・青木友宏の犠打で二塁に進み、2番・岡田和也の一ゴロで、都立雪谷の一塁手の送球ミスもあって1点を追加する。

 しかし都立雪谷はその裏、2番手として登板した深田が、レフトスタンドに叩き込む本塁打を放つ。芝監督が「この冬しっかり打ち込んできた」と言う打線の威力は、こうした控え投手まで柵越えの一発を放つことでもうかがい知ることができる。

 それでも國學院久我山は8回表、8番・伊藤の中前適時打で1点を入れ、再度突き放す。

 國學院久我山の先発・高下は威力のあるストレートに、スプリットなど落ちる変化球を有効に使っていたが、やや疲れがみえた8回裏、都立雪谷の2番・横尾、4番・松下陸朗に安打を許し、一死一、二塁となったところで、高下を右翼手として残してマウンドに左腕の問矢大雅を送る。これは國學院久我山の必勝リレーであったが、この日の問矢は荒れ気味で、暴投に2個の四球による押し出しなどで2点を失い、高下をマウンドに戻した。

 1点差に迫った都立雪谷であったが、9回表は深田が荒れ、3個の死球で満塁となったところで、背番号1の穂積飛翔に交代する。ここで5番・高下は中犠飛を決め、國學院久我山は再度2点差にした。

 その裏は高下が三者凡退に抑え、國學院久我山は秋に続き、準々決勝進出を決めた。もともと打力のあるチームであったが、秋は守備の乱れで負けただけに、「守りは鍛えてきました」と尾崎監督は語る。この試合では守備力の差が2点差になったのではないか。國學院久我山は準々決勝は関東一と対戦する。関東一には土屋大和、谷 幸之助という2人の好投手がいる。こうした投手にどう対応するかで、打線の真価が問われる。

 一方敗れた都立雪谷であるが、秋季都大会の1回戦で帝京に8対3で敗れた試合を観た時は、正直このチームが春のベスト16になり、夏の大会のシード校になるとは思わなかった。冬の練習の成果が表れたわけだ。さらに芝監督の方針で、ノーサインで打つ野球を掲げ、フライアウトもOK。積極的に打つ姿勢が浸透している。前向きな姿勢が、夏にどう花開くか、注目したい。

(取材=大島 裕史)

TOPICS

ランキング

ジャンル