top_line

2代目バチェラー小柳津林太郎、“超至近距離”壁ドンに照れ 渡辺早織「ドキドキしました」

TBS for スゴ得



 新感覚タブレット『リステリン ウォータリータブレット』の発売を記念して行われる同イベントは、2人の“マッチ度”を診断する「MATCHBOX」や期間限定ドリンクを提供する。きょう11日から15日まで開催。

 口臭チェックにクリアすると入室できる「MATCHBOX」では、お互いが“壁ドン”をし、手のひらの脈、発汗、体温などをセンサーでチェック。ひと足早く体験した2人は「マッチ度81%」と診断され、小柳津は「こんな美しい方とクローズな空間で一緒。ドキドキしました。でも変な緊張感はなかったかな」と白い歯を浮かべた。

 渡辺も「もっと(マッチ度が)高いかなと思うくらいドキドキしました」と笑顔。その後もリザーブシートで写真撮影に応じるなど、本物のカップルのような雰囲気を振りまいていた。

 なお、小柳津は以前に勤務していたサイバーエージェントを退職し、現在はAbema TVアナウンス室/室長/マキシマイズ室/室長、宣伝プロデュース室に所属となっている。

TOPICS

ランキング

ジャンル