top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ストレイテナー・ホリエアツシ×NAOTO率いる弦楽四重奏 『ROCKIN’ QUARTET vol.3』の名演を振り返る

SPICE

ROCKIN' QUARTET vol.3-2nd 2019.3.24 Billboard Live TOKYO

これまで『ROCKIN' QUARTET』をレポートするたびに触れてきていることだが、既存の曲の骨格がある上でのプラスアルファとして、ストリングスが華やかさや彩りを加える――という考え方ではなく、あくまでロックがロックのまま弦楽四重奏の音で再構築され、演奏されるという点が、このライブシリーズ最大の特色であり魅力だ。ボーカルにホリエアツシ(ストレイテナー/ent)を迎えた『ROCKIN' QUARTET vol.3』ではその点が、アレンジ、選曲の両面で最大限の効果を発揮していた。


ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓



応募殺到のプレミアライブとなった今回、最終日の2ndステージも当然、Billboard Live TOKYOは多くの来場者で埋め尽くされている。そこへまずNAOTO率いる弦楽四重奏が登場し、「Make a Change」からスタート。ヴァイオリンとヴィオラが唸りを上げるロックリフ的なフレーズと、ビート感のある重低音が渦を巻く、最初に書いたような同シリーズの特色や方向性を、言外に一発で理解させる演奏だ。同曲を終えると深い海を思わせる旋律のイントロに乗ってホリエが登場すると、ステージ中央マイクの前に立ち、一瞬の静寂のあと歌い始めたのは、なんと「シーグラス」。同曲の切なさを帯びた美メロを、弦楽器が過度に装飾するのではなく、むしろ間奏部分を除けば全体的にミュートした音で刻むような演奏に徹することで、ホリエの歌声とメロディラインが際立っている。こういう差し引きは実に見事だ。


ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓




ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓



広告の後にも続きます

「ストリングスが合いそうだな」となんとなく想像できるようなレパートリーは、最初の「シーグラス」と本編最後にやった「彩雲」くらいで、その他は「そうきたか」というセレクトが目白押しだったのも良かった。テナーも一本のワンマンあたり2~3曲は意外な曲を入れてくる傾向にあるし、NAOTOも一見ストリングス向きではなさそうな曲をいかにアレンジするかに情熱を傾けている節があるため、その相乗効果が生んだセトリなのだろう。何せ、前半から「DONKEY BOOGIE DODO」「BRILLIANT DREAMER」という並びである。オルタナ全開な前者では、拍の取り方やコード感はある程度原曲に添いつつ、各楽器がパーカッシヴなアプローチ。本来エレキベースが牽引するグルーヴの部分はチェロを中心に構築する。ホリエがハンドマイクで歌う姿も新鮮だった後者は、比較的シンプルな演奏と構成ながら弾むようなノリが心地良い。ホリエ曰く「ストレイテナーの隠れた名曲」というレア感もさることながら、そのアレンジの施し方でも目から鱗をボロボロ剥がしていくのが『ROCKIN' QUARTET』流だ。


ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓



MCでは、3階層に分かれた客席がステージを半円状に取り囲む会場の形状を、「クイズ番組みたいですね」とホリエが喩えて笑いを誘ったり、NAOTOが客席の声を拾って答えたり語りかけたりと、これまで以上に和やかな雰囲気なのも印象的だった。「ビルボード初めての人?」という問いかけで挙がった手が案外少なかったことから見ても、このシリーズのリピーター、ライブのカラーを理解して訪れる人が増えてきているのかもしれない。そういう人からすればお楽しみのカバー曲コーナーは、ゲストとしてmajikoを呼び込んでのデュエットになった。まず、ホリエが初めて他アーティストへの楽曲提供をした曲である「アマデウス」を2人でパートを分けながら歌い、サビではハーモニーの好相性ぶりで魅せる。


ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓



この曲ではNAOTOが、ヴァイオリンのボディーを叩くタップ奏法以外に、右足でSTOMPと呼ばれるキックペダルを踏み、一人でヴァイオリン・スネアドラム・ベースドラムという一人3役をこなす離れ業を繰り出す。『ROCKIN' QUARTET』が更に進化した瞬間だった。続いてホリエの熱い希望により『美女と野獣』のテーマ「Beauty and the Beast」をミラーボールの光が降る中で披露。majikoのちょっとハスキーな低音と伸びやかな高音、ホリエが歌う中音域の柔らかな肌触りが混ざり合う様子の、なんと美しいことか。なお、この曲、ホリエは普段カラオケでも歌ったりする好きな曲だそうだが、その際のお相手は俳優の千葉雄大とのこと。


ROCKIN' QUARTET vol.3 撮影=高田梓



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル