top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

中村倫也と木下晴香が実写『アラジン』日本語吹き替え版で声の出演&歌唱!「ホール・ニュー・ワールド」の歌声が起用の決め手に

SPICE

6月7日(金)公開のディズニー映画『アラジン』の“プレミアム吹替版”で中村倫也と木下晴香が声の出演を果たすことがわかった。


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



『アラジン』は、ディズニーの同名アニメーションを実写化した作品。1992年に公開されたアニメ版では、砂漠の王国アグラバーに暮らす青年アラジンと、王宮を抜け出したジャスミン王女の恋と冒険が描かれた。実写版でアラジンを演じるのは、海外ドラマ『NIKITA /ニキータ』で俳優としてデビューしたメナ・マスード。王女ジャスミン役を『パワーレンジャー』のナオミ・スコットが演じる。さらに、ランプの魔人ジーニー役でウィル・スミスが登場。メガホンを『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督がとっている。


本作の日本語吹き替え版には、魔人・ジーニー役で山寺宏一が出演することがすでに発表されていた。今回新たに参加が決まった中村倫也は、主人公・アラジンの声を吹き替え。上演中の『ロミオ&ジュリエット』にも出演するミュージカル女優・木下晴香は、王女・ジャスミン役を担当する。


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



『アラジン』の日本語吹き替え版は、キャストが台詞だけではなく、歌も吹替える“プレミアム吹替版”として公開。仲村と木下の起用の決め手となったのは、演技力と歌唱力、そして、ふたりが歌った「ホール・ニュー・ワールド」だという。

木下は、今回の起用について、「(ジャスミン役に選ばれて)すごく嬉しいです。数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態…」とコメント。さらに、『アラジン』のテーマとなる“願い”にかけ、「思い続ければ願いは叶う!」と嬉しさを爆発させている。


左から、木下晴香、中村倫也 (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



また、「ホール・ニュー・ワールド」のシーンについて、中村は、「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。小さい頃から知っている名曲に自分が歌って吹き込んで完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちましたね。アラジンはジャスミンを誘って一緒にいろんな世界を見て回ろうよという、優しさと強さ、ちょっとした強引さがありながら素敵な体験をさせてあげる…そういう幸せな気持ちやキラキラした感情がいっぱいのシーンになればいいなと思って吹替えをしました」と、想いを語っている。

『アラジン』は6月7日(金)全国公開。

TOPICS

ランキング

ジャンル