top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中村倫也と木下晴香が実写『アラジン』日本語吹き替え版で声の出演&歌唱!「ホール・ニュー・ワールド」の歌声が起用の決め手に

SPICE

6月7日(金)公開のディズニー映画『アラジン』の“プレミアム吹替版”で中村倫也と木下晴香が声の出演を果たすことがわかった。


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



『アラジン』は、ディズニーの同名アニメーションを実写化した作品。1992年に公開されたアニメ版では、砂漠の王国アグラバーに暮らす青年アラジンと、王宮を抜け出したジャスミン王女の恋と冒険が描かれた。実写版でアラジンを演じるのは、海外ドラマ『NIKITA /ニキータ』で俳優としてデビューしたメナ・マスード。王女ジャスミン役を『パワーレンジャー』のナオミ・スコットが演じる。さらに、ランプの魔人ジーニー役でウィル・スミスが登場。メガホンを『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督がとっている。


本作の日本語吹き替え版には、魔人・ジーニー役で山寺宏一が出演することがすでに発表されていた。今回新たに参加が決まった中村倫也は、主人公・アラジンの声を吹き替え。上演中の『ロミオ&ジュリエット』にも出演するミュージカル女優・木下晴香は、王女・ジャスミン役を担当する。


広告の後にも続きます

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル