top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

もっと活躍が見たかった「美人短命」芸能人TOP10

JOOKEY

美人薄命。
美しい人は何らかの理由により、短命であることが多いという意味で使用されています。

もちろん、美人の多い芸能界の中にも華やかな経歴からは想像できない悲しい最期を迎えている人も多く、世間はその都度ショックを受けました。

そこで今回は、もっと活躍が見たかった短命な美人は誰か、ランキングにしてご紹介いたします。

■質問内容

30代以上に質問!もっと活躍が見たかった「美人短命」の芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:夏目雅子 40.9%

2位:本田美奈子 33.3%

3位:小林麻央 30.3%

4位:飯島愛 25.8%

4位:坂井泉水 25.8%

6位:川田亜子 7.6%

7位:大原麗子 6.1%

8位:岡田有希子 4.5%

8位:堀江しのぶ 4.5%

10位:川村カオリ 3.0%

10位:上原美優 3.0%

10位:勝野七奈美 3.0%  

●1位「夏目雅子」40.9%

第1位は夏目雅子さんとなりました。

今や治療薬のある急性骨髄性白血病も、当時は不治の病として恐れられていました。
「西遊記」(日本テレビ系)で三蔵法師の役を演じ、女優としての階段を確実に登り続けた彼女もまたこの病に侵され、亡くなりました。

あれから30年以上経過した現在でも彼女の美しさは際立っており、27歳という若さでこの世を去ってしまったことが本当に悔やまれます。

亡くなる直前まで演技を追求した彼女、生きていたらきっと日本を代表する大女優となっていたことでしょう。

●2位「本田美奈子」33.3%

2位には本田美奈子さんがランクイン。

彼女もまた、夏目さん同様に急性骨髄性白血病で命を落としてしまいます。
母親の影響で音楽の道を志した彼女が、何度もオーディションを繰り返してやっと手にした人気者のポジション。

見た目の美しさと歌唱力を生かしたアイドル歌手から、本格的なミュージカルまで幅広く活躍していただけに悔やまれますよね。
38歳でした。

●3位「小林麻央」30.3%

3位は小林麻央さんとなりました。

目を閉じれば彼女の微笑みを思い出す人は多いでしょう。
「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)へ出演し、世の男性陣のハートを鷲掴み、フリーアナウンサーを経て市川海老蔵さんと結婚と華やかな人生だった彼女、乳ガンになり激しい闘病生活の後に他界しました。

34歳だった彼女には2人のお子さんもおり、彼女の活躍はもちろん、どんな気持ちでこの世を去ったのかを思うと胸が痛みます。

■病気と闘う姿を忘れない

今回の調査から彼女達が病気で苦しみ闘う姿は、本人発信や関係者により世間へも伝わっており、病気と向き合い闘った姿を決して忘れることはないでしょう。

HORANE調べ
2019年3月
調査対象:30~40代の男女

TOPICS

ランキング

ジャンル