top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

1番成功している元ジャニーズタレントって?

JOOKEY

 

 

SMAPや嵐など日本を代表する男性アイドルグループを数多く輩出してきているジャニーズ事務所。アイドルとして活躍するにはジャニーズタレントになるのが一番といっても過言ではないでしょう。ジャニーズ事務所に所属していれば、厳しい芸能界で生き抜くためのサポートを受けることもできるはず。しかし、ジャニーズ事務所を辞めている人も少なくありません。
そこで今回は、10代から40代の男女を対象としたインターネット調査で「成功していると思う元ジャニーズ」をあげてもらいました。

 

■質問内容

成功していると思う元ジャニーズはだれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位: 郷ひろみ   32.0 %

2位: 反町隆史   31.0 %

3位: 本木雅弘   29.0 %

4位: Taka(ONE OK ROCK)   23.0 %

5位: 草なぎ剛   20.0 %

6位: 香取慎吾   18.0 %

7位: 薬丸裕英   17.0 %

8位: 森且行   12.0 %

9位: 日高光啓(AAA)   11.0 %

10位: 稲垣吾郎   6.0 %

 

●1位: 郷ひろみ

1位に選ばれた郷ひろみは、1972年のデビュー曲『男の子女の子』で大ヒットを記録して以降もトップアイドルとして大活躍。しかし、1975年にジャニーズ事務所を退所しています。その後も『言えないよ』や『ゴールドフィンガー’99』をはじめとした人気曲をもつ歌手として成功を収めました。年齢を重ねても多くのファンに支えられており、まさしく日本のスターといえる存在です。

 

●2位: 反町隆史

意外なことに、反町隆史もジャニーズ事務所に所属していた過去があります。本名の野口隆史で光GENJIのバックダンサーとして活動していました。デビューを果たさないままジャニーズ事務所を退所して、モデル事務所に移籍。雑誌『MEN’S NON-NO』などでモデルとして活躍後は、ドラマ『ビーチボーイズ』や『GTO』、『相棒』などに出演する人気俳優になりました。

 

●3位: 本木雅弘

シブがき隊のメンバーとして1982年にデビューをした本木雅弘もジャニーズの人気タレントとして活躍していましたが、俳優として活動していきたいという意向から解散。その後すぐにジャニーズ事務所を辞めています。1991年に映画『シコふんじゃった。』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、2008年にも映画『おくりびと』で米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞するほどの実力派俳優に成長しました。

 

■実力があればジャニーズ事務所を辞めても成功する!?

力の強いジャニーズ事務所を辞めると芸能界で干されてしまう……なんていう噂もありますが、このように退所後も成功している人は存在します。ジャニーズ事務所に在籍していたときに得たものの影響ももちろん大きいでしょうが、才能や人柄などの実力が備わっていたと思わずにいられない顔ぶれですね。

 

HORANE調べ

2019年3月

調査対象:10~40代の男女

 

TOPICS

ランキング

ジャンル