top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国民栄誉賞を辞退したイチロー、頑固でちょっとHな半生記

SmartFLASH

 

 4月5日、イチローが国民栄誉賞を辞退したことが報じられた。政府からの打診に対し、「人生の幕を下ろしたときにいただけるよう励みます」と返答があり、授与は見送られた。

 

 イチローが国民栄誉賞を辞退するのはこれで3回目だ。最初の打診は2001年で、オリックスから大リーグのマリナーズに移籍し、リーグ最優秀選手や新人王、盗塁王に輝いた時期だった。 当時のイチローは「まだ若いので、できれば辞退したい」と政府に伝えている。

 

広告の後にも続きます

 

 2回目はシーズン最多安打のメジャー記録を塗り替えた2004年。このときは「野球生活を終え、本当にやり切ったときに、もしいただけるならば大変ありがたい」とこれも固辞した。

 

 記録ずくめのイチローだが、ここで本誌の記者が集めたイチローの頑固エピソードを振り返っておこう。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル