top_line

絵本がくれる、自分に戻る時間。Pen 4月15日号 特集「泣ける絵本。」発売

music.jp

絵本がくれる、自分に戻る時間。Pen 4月15日号 特集「泣ける絵本。」発売(C)music.jp 『Pen』 4月15日号(4月1日発売)CCCメディアハウス
Pen最新号では、ひとりで読んでも、誰かに読み聞かせても胸がきゅうっとなる、「泣ける絵本」の世界を案内します。独自の視点でPenが厳選した「泣ける絵本」の紹介をはじめ、せつないほど美しい絵を描く国内外の人気作家の創作の秘密に迫るコーナーや、ユーモアあふれる作品の裏に秘められた巨匠作家たちの知られざる生涯に迫るページなど、もりだくさん。大型連休にじっくり本を読みたい方にもお薦めです。読後、あなたの心にはどんなお話が花開くでしょうか?

<特集の見どころをピックアップ!>

心にしみる絵の力で、胸を熱くする描き手。

ただ眺めているだけで、心を揺さぶり涙を誘う絵本があります。たとえば、アントワーヌ・ギヨペ。レーザーカットの切り絵を駆使した美しい絵本に、世界が注目するフランスの作家です。また、話題の絵本『michi』や広告のイラストでお馴染みのjunaidaは、京都在住の日本人画家。宮沢賢治の童話に触発された水彩画の作品は、いくら眺めていても飽きません。ほかに、トム・オーゴマ、nakaban、阿部海太といった注目の作家の創作の現場を訪ねました。

人気作家の創作の世界へ、いざ飛び込もう。

読む人をクスリとさせたり、ホロリとさせたり、数々のヒット作を繰り出す宮西達也とヨシタケシンスケ。多作なふたりのアイデアの源泉はどこにあるのでしょうか? その舞台裏をちょっとだけ公開します!
<br大宮エリー、初の絵本を語る。

今年、大人のための絵と詩の本『虹のくじら』を上梓した大宮エリー。制作にあたっては、いままで描いた絵に自分で“インタビュー”して詩を付けるという、ユニークなアプローチをしたそう。今回、Penの依頼に応えて新たに詩を二篇書き下ろしてくれました。想像力を掻き立てる絵と詩の世界をお楽しみください。

Pen厳選、テーマ別「泣ける絵本」コレクション

泣けるツボは人それぞれ、ここでは男性にお薦めの絵本を集めてみました。愛、友、命、時などの価値を、巧みな絵と文とで訴えかける力作ばかりです。

~テーマ~
親子の情/友だちっていいな/生きものとの触れ合い/ねこは人類の永遠の相棒/出会いと別れ、生と死のはざまで/経るときのせつなさ、酷薄さ/ひとはなぜ争うのか/[番外編]「泣きたくなるお悩み」相談室

さらに、日本最大級の絵本情報サイト「絵本ナビ」代表が語る「大人こそ絵本を読むべき」である理由や、装幀家の坂川栄治が唸った「泣けるほど美しい」デザインの絵本、そして絵本に強い東西の書店の紹介も。幼い日に触れた絵本の感動が甦り、改めて書店で紙の手触りや絵のタッチを確かめたくなる、魅惑の絵本特集です。

Pen最新号はこちら。→

https://www.pen-online.jp/magazine/pen/472-ehon/


TOPICS

ランキング

ジャンル