top_line

ZOZO前澤社長「自社株の9割が担保」「絵画売却」ついに金欠か

SmartFLASH

 

 総資産2800億円超ともいわれる、株式会社ZOZOの前澤友作・代表取締役社長(43)が築いた「帝国」に暗雲が立ち込めている。

 

「英国の競売会社・サザビーズが、4月1日に香港で開催するオークションに、前澤友作社長が所有しているという美術品が複数出品されるという情報が、話題になっていました」(経済部記者)

 

 

 なんと、収集した美術品が競売にかけられたのでは、というのだ。サザビーズのウェブサイトには、前澤氏が所有しているとされる作品と同じものが、複数出品されていた。

 

 現代アーティストのジョージ・コンドの絵画や、正体不明のアーティスト・バンクシーの作品など……いずれも億円単位で取引される代物だ。

 

 前澤氏は、スーパーカーの収集家としても有名だ。子供向けの「スーパーカープロジェクト」を進めていたが、変化はこちらにも見られる。ある会社経営者の知人の弁。

 

「以前ならば、ポンッと新車を買っていたが、最近買ったと聞かない。プロジェクトに使う車も、前に買った車だし」

 

 金欠疑惑だ。美術品、スーパーカーについてZOZOの広報部に確認すると、「個人の資産、活動に関することでございますので、会社としての回答はいたしかねます」と回答があった。

 

 前澤氏のふところ事情は、ZOZO株の保有状況に見える。

 

「2月22日、関東財務局に提出された大量保有報告書で、前澤氏個人が所有する株式の87%が、国内外の金融機関に、担保として差し出されていたことが判明。資金繰りが怪しいのかと危ぶむ声も出始めています」(証券会社関係者)

 

 経済ジャーナリストの山口義正氏はこう話す。

 

「オーナー会社の場合、相続などを理由に株式が金融機関に差し入れられるのは珍しくありません。しかし、9割近くというケースは異常です」

 

 2018年7月には、一時4875円をつけたZOZO株だが、2019年2月には1000円台に。

 

「ただし、3月後半の株価を見ても、2000億円以上の担保価値があり、配当収入だけでも相当な額になるはずだが、まだ足りないというのは不自然」(前出・証券会社関係者)

 

 決算も思わしくない。

 

「2019年3月期の業績予想は、連結売上高を1470億円から1180億円へと下方修正。純利益も280億円から178億円の見通し。4月の中期経営計画の見直しは避けられません」(同前)

 

 原因は、ユナイテッドアローズ(UA)など、大手アパレルの「ZOZO離れ」にある。

 

「困るのは、来店しても『ZOZOで買う』と言って店で何も買わないお客様が増えていて……」(UA店員)という現場の悲鳴が聞こえ、アパレル各社は、自社ECを徐々に強化する流れにある。

 

 自社ブランド「ZOZO」も、「目標としていた売り上げには未到達」(ZOZO広報部)。本業が不振なら、前澤氏の変化も頷ける。陰りは隠せない。

 

 3月28日夜、会食相手に見送られ、都内の高級中華料理店から出てきた前澤氏。隣には、交際中の剛力彩芽の姿はなかった。

 

(週刊FLASH 2019年4月16日号)

TOPICS

ランキング

ジャンル