top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019』の開催が決定 7年ぶりに「アラジン」をフィーチャー

SPICE

2019年9月21日(土)~12月23日(月)全国24都市で49公演、『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019』が開催されることが決定した。

17回目を迎える『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019』のテーマは、 「きっと、 叶う☆ Wish, Hope, Dream」。今年のメイン演目は、1992年公開のディズニー・アニメーション映画「アラジン」。 映画史に残る名曲を数々生み出した、本映画は、貧しくも純粋な心を持つ青年アラジンと、王宮の外の世界に憧れる王女ジャスミンとの思いがけない出会い、ランプの魔人ジーニーとアラジンとの間に芽生える友情を描き、砂漠の王国を舞台に愛と友情がユーモアたっぷりに綴られる物語。主題歌「ホール・ニュー・ワールド」は、 アカデミー賞歌曲賞やグラミー賞最優秀楽曲賞などを獲得し、この楽曲は今も絶大な人気を誇っている。 
今もなお、世代を超えて愛される名作を、ヴォーカリストとオーケストラの迫力満点のパフォーマンスで、映像・照明・特殊効果の演出とともに、スペクタクルなステージをお贈りする。 


Presentation licensed by Disney Concerts. (C)️Disney



本公演の最速先行予約が、 5月18日(土)~6月2日(日)に京都(ロームシアター京都)・東京(東急シアターオーブ)で開催される、『ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2019』の会場にて、来場者限定で実施されるのでこちらもチェックしておこう。

■ ディズニー・オン・クラシックとは

広告の後にも続きます


※写真は昨年の公演です



ディズニー・アニメーションや映画、テーマパークの名曲の数々を、スクリーンに映し出される映像やスペクタクルな演出とともに、フルオーケストラとニューヨークのミュージカルシーンで活躍するヴォーカリストたちによるライブ奏でお贈りする、大人のための音楽会。2002年に、国内初のディズニーコンサートとして日本で誕生し、これまでに日本全国や韓国、台湾、シンガポールなどで通算約700公演を開催、130万人以上を動員(2019年3月現在)。毎年秋~冬にかけて日本全国を巡る『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会』、 5月・6月に開催する『ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭』、そして年末に舞浜アンフィシアターで開催するカウントダウン企画『ディズニー・オン・クラシック ~ジルベスター・コンサート』がある。 

■出演者のご紹介

【指揮者】 リチャード・カーシー / Richard Carsey 


リチャード・カーシー



『オペラ座の怪人』のブロードウェイ公演及び全米ツアーの指揮者を務めるほか、ベン・スティラー主演のブロードウェイ・ミュージカル『THE HOUSE OF BLUE LEAVES』のミュージック・スーパーバイザーなど、ブロードウェイのミュージカルシーンで活躍。2016年より「ディズニー・オン・クラシック」のヴォーカリスト達の音楽ディレクターを務め、昨年開催の『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2018』の数公演でのゲスト出演も好評で、今後の活躍への期待が寄せられている。

【ヴォーカリスト】 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル