top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

3位乃木坂46!平成最強女性アイドルグループランキング

JOOKEY

まもなく平成が終わりますが、30年という期間を振り返ると、時代の移り変わりが激しかったと感じます。芸能界でも、様々な流行がありました。

そこで今回は、平成最強だと思う女性アイドルグループについて、10~40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化しました。

■質問内容

平成最強だと思う女性アイドルグループはどれですか。1つお選びください。

■調査結果

1位:AKB48 23.0%

2位:モーニング娘。 19.0%

3位:乃木坂46 12.0%

4位:欅坂46 8.0%

4位:SPEED 8.0%

6位:Perfume 7.0%

7位:ももいろクローバーZ 5.0%

8位:NMB48 3.0%

9位:Wink 1.0%

●1位 AKB48

1位は、AKB48です。
平成17年に活動開始。現時点では55枚のメジャーシングルをリリースし、(シングル・アルバムを合わせた)CD総売上が6,000万枚を突破、いまや「誰でも知ってる」国民的女性アイドルグループです。
AKB48がここまで人気になった理由として、常設している劇場で定期公演を行い「会いに行けるアイドル」というコンセプトにしたこと、「選抜総選挙」というメンバー人気投票を企画し、マスコミを巻き込んだ一大イベントにしたこと、などが挙げられます。

衆議院議員選挙以外で「総選挙」という言葉が一般的になったのはAKB48の功績です。

●2位 モーニング娘。

2位は、モーニング娘。です。
平成9年に結成。メンバーを入れ替えながら活動を続け、現在は「モーニング娘。’19」(”モーニングむすめワンナイン”と呼びます)というグループ名になっています。
モーニング娘。が支持されたのは、楽曲の音楽性の高さ。それまでのアイドルとは違ったクオリティーの高い楽曲を次々リリースしました。「LOVEマシーン」や「抱いてHOLD ON ME ! 」などは、カラオケで歌う方も多いのではないでしょうか。

●3位 乃木坂46

3位は、乃木坂46です。

平成23年に活動開始。「AKB48の公式ライバル」という位置づけで誕生したグループは、しばらくの間はそれほど注目されていませんでした。
生駒里奈さんがAKB48と兼任することがきっかけで、乃木坂46は活動のコンセプトを改めて考え、現在のようにメンバー一人一人の個性を活かす方向になったそうです。

その結果、グループは大活躍するようになり、日本レコード大賞を二連連続受賞するという快挙を成し遂げました。

その後に続く欅坂46、日向坂46のオーディションを受けたメンバーには「乃木坂46に憧れていた」という方も多いです。


■時代の移り変わりを感じる

ランキングを見ていると、時代の移り変わりを感じます。モーニング娘。の人気絶頂期に誕生したのがAKB48。AKB48が初めて日本レコード大賞を受賞したときに誕生したのが乃木坂46です。

また、この流れとは別でPerfume、ももいろクローバーZのように自らの路線を確立し息の長い活動をしているグループもランクインしました。

アイドルというもの、流行は必ずありますが、ランクインしているほとんどのグループがいまでも活動をしているというのも、ファンにとっては嬉しいことです。

 

 

 

HORANE調べ

2019年3月

調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング

ジャンル