top_line

V6・岡田准一を世界的アクション監督や福士蒼汰らが絶賛! 『ザ・ファブル』スペシャル映像&場面写真解禁

music.jp

V6・岡田准一を世界的アクション監督や福士蒼汰らが絶賛! 『ザ・ファブル』スペシャル映像&場面写真解禁(C)music.jp V6の岡田准一が主演を務め、「週刊ヤングマガジン」連載、単行本累計部数320万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>受賞の人気コミックを実写化する映画『ザ・ファブル』[2019年6月21日(金)公開]より、迫力のアクションシーン&その裏側を見ることできるスペシャル映像と、新たな場面写真が解禁された。

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋・通称“ファブル”。この度の映画では、岡田の演じる主人公・ファブル/佐藤アキラが、ボスから「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」という指令を与えられ、<万が一、誰かを殺したらボスによって処分される>という条件付きの極限ミッションを遂行する様子を描く。

今回解禁されたスペシャル映像では、岡田の素早いガン捌き、福士蒼汰演じるフードとのアクロバティックな銃撃シーン、壮絶な落下アクションといった、迫力溢れるシーンの数々が初公開に。今作でファイトコレオグラファーを務めたフランス出身のアラン・フィグラルズと岡田によるメイキングも含まれており、役柄的にわざと殴られたふりをしたり、殺傷能力のない銃を使ったり、カセを背負って戦うなど、ファブルならではのアクションの裏側を見ることができる。

『ボーン・アイデンティティー』や『96時間』シリーズ(2作目、3作目)、『LUCY/ルーシー』などを手掛け、マット・デイモンやリーアム・ニーソンら名だたるアクション俳優とも仕事をしてきたアランは、「ここまでスピーディーに動ける俳優は見たことがない」と岡田の身体能力を絶賛していたという。

さらに映像には、岡田について語るキャスト陣の姿も収められている。木村文乃は「アクションに対してもプロ」、山本美月は「安心できる存在」、岡田と対決シーンを演じた福士は「撮影の度に教えてもらうことがたくさんあった」、柳楽優弥は「次元が違う、皆のボルテージが上がっていく感じがある」、向井理は「スタッフの感じも変わる」と話し、安田顕は岡田の動きを「残像!」と表現。そして、ファブルを見守るボス役の佐藤浩市は「スタッフや役者たちをちゃんと背負ってやる、岡田という男のアクション」と賛辞を贈っている。

また、併せて解禁となった新たな場面写真では、ボスからプレゼントされたインコを全裸で頭に乗せているアキラ(岡田)、相棒のヨウコ(木村)、バイト先の同僚ミサキ(山本)、打倒ファブルに燃えるフード(福士)と真黒カンパニーで下剋上を狙う砂川(向井)、真黒カンパニーの小島(柳楽)と海老原(安田)といった、キャラクター達のワンシーンを見ることできる。

映画『ザ・ファブル』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■映画『ザ・ファブル』スペシャルトレーラー2

■岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!

■映画『ザ・ファブル』

6月21日(金)全国公開

出演:岡田准一
木村文乃 山本美月 
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹

<STORY>  
どんな相手も6秒以内に殺す——。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。
殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか—?!

公式サイト⇒http://the-fable-movie.jp/

(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

原作コミック:南勝久「ザ・ファブル」配信ページへ
http://music-book.jp/comic/title/62449

TOPICS

ランキング

ジャンル