top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イチロー夫人 深夜でも9品!守り続けた厳格な食卓ルーティン

女性自身

「イチロー、いままでありがとう!」
「お疲れ様!」

 

米シアトルに帰るため成田空港に現れたイチロー選手(45)に、ファンたちが温かな声援を送った。軽く会釈しながら歩く彼の少し後ろには、黒いジャケットを着た妻・弓子さん(53)の姿があった。

 

前日の3月21日に28年にわたる現役生活の引退を発表したイチロー。会見では弓子さんへの献身について次のように語っている。

広告の後にも続きます

 

「(妻が)いちばん頑張ってくれたと思います。僕はアメリカで結局3千89本のヒットを打ったんですけど、ホームのときに食べるおにぎりを、妻が握った数がおよそ2千800個くらいだったんですよ。僕はゆっくりする気はないのですけれど、妻にはゆっくりしてもらいたいです」

 

元TBSアナウンサーの弓子さんとイチローが結婚したのは’99年12月。2人は結婚20年目を迎えている。スポーツ紙記者は言う。

 

「会見でも話題に上ったイチローが試合前に食べる“おにぎり”ですが、チームメイトたちは“スペシャルなおにぎり”と呼んでいます。イチローが好んでいるのは、のりナシのおにぎり。のりを巻いて時間がたつとシナっとするのがイヤなのだそうで、さらに自分で巻くのも『ストレスになる』と、言っています。弓子さんが玄米を機械で精米したお米で握るという、まさに特別なものなのです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル