【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」

【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」
3月24日からWOWOWで放送が開始される「連続ドラマW絶叫」は、貧困や無縁社会、ブラック企業という現代社会の闇に切り込む社会派サスペンス。平凡な家庭に生まれながらも、家族の不幸をきっかけに人生を…

 3月24日からWOWOWで放送が開始される「連続ドラマW 絶叫」は、貧困や無縁社会、ブラック企業という現代社会の闇に切り込む社会派サスペンス。平凡な家庭に生まれながらも、家族の不幸をきっかけに人生を踏み外して転落、やがて犯罪に手を染めていく主人公・鈴木陽子を演じるのは、演技派女優・尾野真千子。「私もこうなっていたかも…」と語る鈴木陽子役に対する思いを中心に、撮影の舞台裏を聞いた。

-台本を読んだときの感想は?

 本当に心が痛い作品だな…と。なぜ誰も、陽子のことを救ってあげられなかったのかと思いました。誰でも陽子のようになり得る可能性がありますし、仕事がなかった下積み時代のこと振り返ると、私だって一歩間違えればこうなっていたかもしれない…。そう考えたら、ゾクッとしました。そういう意味で、私自身も陽子に共感しましたし、視聴者の方にも共感していただけるのではないでしょうか。

-そんな陽子という女性を演じてみた感想は?

 やっぱり、感情移入しやすいですね。普段、現実味の薄い作品に出演するときは、気持ちをどう持っていけばいいのか悩むこともありますが、今回は自分自身がお手本かと思うほど身近に感じます。普通に涙も出てきますし、素直に役と向き合えているような気がします。

-身近に感じると言っても、陽子のように犯罪に手を染めるところまではなかなかいかないわけですが、そのあたりはどう受け止めましたか。

 近からず、遠からずだなと…。お金がないだけで、人はとてもみじめで不安な気持ちになります。電車に乗ることすらできず、何もできない。そうすると、全てが敵に見えてくるんです。時には、ただお店で商品を売っているだけの人にまで、「物を売っているぐらいで、人を上から見るんじゃないわよ」みたいな感情を抱いてしまいますし…。やりたいのにできない。やれる体はあるのに、できない。そういうことが人をどんどん人をマイナス思考にしていく。だから、普通は「犯罪なんて…」と思っていても、そういう気持ちになるまで、実はそんなに遠くないような気がします。

-尾野さん自身が、それほど身近に感じる陽子の…
(更新日:2019年3月26日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME