top_line

みやぞんが!?衝撃だった芸能人のカミングアウトTOP10

JOOKEY

番組内やインタビューでの突然の芸能人のカミングアウト。

そのデリケートすぎる内容に、言っちゃっていいの?と思わず心配になってしまう事も。

そこで今回は、衝撃だった芸能人のカミングアウトについて、10代から40代の男女を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

■質問内容

衝撃だった芸能人のカミングアウトはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:みやぞん(韓国籍であることをカミングアウト) 27.0%
2位:壇蜜(バイセクシャルをカミングアウト) 23.0%
3位:江頭2:50(バイセクシャルをカミングアウト) 21.0%
4位:和田アキ子(過去に在日韓国人であることをカミングアウト。現在は帰化) 17.0%
5位:最上もが(バイセクシャルをカミングアウト) 13.0%
6位:鳥居みゆき(バイセクシャルをカミングアウト) 11.0%
6位:小倉智昭(糖尿病の治療で髪が抜け、かつらを使用していることをカミングアウト) 11.0%
8位:眞鍋かをり(目と鼻の美容整形をカミングアウト) 10.0%
9位:矢沢永吉(過去に在日韓国人であることをカミングアウト。現在は帰化) 10.0%
10位:美川憲一(かつらを使用していることをカミングアウト) 9.0%
10位:藤本敏史(FUJIWARA)(ヒアルロン酸注射による美容整形、ほくろ除去、アートメイクをカミングアウト) 9.0%

●1位 みやぞん(韓国籍であることをカミングアウト)

1位は、浅井企画所属のお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんさんです。
バラエティ番組での出演をきっかけに、天然キャラで見当外れな回答が面白いと一気に人気者になりました。

小学生の頃から芸人になりたいという夢を叶え、2017年には自身のスタイリストを担当してくれている奥様と結婚。みやぞんさんは5人兄妹の母子家庭で育っており、複雑な家庭環境だったようです。

2015年に出演した「有田チルドレン」で、免許取得の際、必要書類として外国人登録証明書が足りないと指摘され、初めて自身が韓国人だという事を知ったと語っています。

発言後も好感度は変わらず、明るい性格のお母様もバラエティ番組の出演をきっかけに愛されるキャラクターとなりました。

●2位 壇蜜(バイセクシャルをカミングアウト)

2位は、タレントの壇蜜さんです。
フィットに所属し、女優やグラビアアイドルとしても活躍中です。
日本人らしい顔立ちと艶のある黒髪、妖艶な色気と美しさが魅力で、英語科の教員免許や日本舞踊坂東流師範の肩書きも持ち、まさに才色兼備。

セクシーなシーンを演じる事も増えドラマでも活躍する中、雑誌のインタビューに対し、「異性愛者とは言い切れない。女性とお付き合いらしき事をした事もある。」とバイセクシャルである事をカミングアウトし、話題になりました。

男女の好みは6対4で、その比率は時々で変わるようです。その後の壇蜜さんのドラマでの女性とのキスシーンや発言が度々注目され、周囲の感心の高さを表しています。

●3位 江頭2:50(バイセクシャルをカミングアウト)

3位は、バイセクシャルである事をカミングアウトした、江頭2:50さんです。
大川興業所属のお笑いタレントである江頭さんは、上半身裸で下半身はピチピチのスパッツという出で立ち。

曲に合わせてのダイナミックな言動、発言という下品な芸風で、女性からは敬遠されると声が上がる一方で、実際に会った方の江頭さんの低姿勢の印象や、芸能界の間で認識されている誠実な人柄から、多くの人に愛されています。

江頭さんはバラエティ番組で「男性も愛せる」とバイセクシャルを公言しており、以前は自身のバイセクシャルな一面や男性との恋愛生活について番組で語る事もあったようです。

■世界的に敷居が低くなったカミングアウトの内容

以前からバイセクシャルや同性愛者に関してのニュースは多くありましたが、昨今、法的に同性同士の結婚が認められる国が出てくるなど珍しくはなくなり、以前よりは公言しやすい環境になっています。

又、整形や国籍のカミングアウトに関しても、インターネットやSNSの普及により国同士の文化の隔たりがなくなってきた事に加え、ハリウッドスター達による整形やバイセクシャルのカミングアウトも同じ芸能界という括りの中で大きく影響しているのではないでしょうか?

 

 

HORANE調べ
2019年3月
調査対象:10~40代の男女

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #454545}

TOPICS

ランキング

ジャンル