山川穂高が野生ライオンを救うべく、ホームラン量産を宣言!

山川穂高が野生ライオンを救うべく、ホームラン量産を宣言!
3月19日、「SAVE LIONS ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~」の記者発表会を開催 株式会社西武

3月19日、「SAVE LIONS ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~」の記者発表会を開催

 株式会社西武ライオンズは、球団創設70周年を機に、絶滅危惧種であるライオンの保全を目的とした「SAVE LIONS ~消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト~」を開始する。

 英国オックスフォード大学の調査によると、世界の野生のライオンの生息数は、直近の20年で約半分に減っていることが判明。さらにさかのぼり100年前と比較すると、その数は約2割にまで激減していると考えられている。

 そこで、長年ライオンの保全活動を続けている英国オックスフォード大学の動物研究機関“WildCRU(ワイルドクルー)”と連携し、球団のシンボルであるライオンを救うため、2019シーズン中のホームゲーム(4月2日から)での当球団のホームラン1本ごとに1万円を、同団体に寄付するプロジェクトを実施する。

 これに伴い、本日、英国オックスフォード大学のアリソン・ビール氏を招き、メットライフドームにて本プロジェクトの記者発表会を開催した。

 居郷肇球団社長が「1950年から私たちのチームの象徴であるライオンを西武ライオンズの力で絶滅の危機から救えたら」と本プロジェクトへの想いを語ると、アリソン・ビール氏は「球団のホームラン数に連動したご寄付という、大変ユニークでエキサイティングな企画に、オックスフォードのみんながワクワクしております」と応じ、本プロジェクトを歓迎した。

 また、昨シーズンのパ・リーグ最多本塁打者である山川穂高選手は「このプロジェクトは(西武)ライオンズにしかできないので、僕たちが何百本もホームランを打って、ライオンを何百頭も救っていきたいと思います」とホームランで本プロジェクトに貢献することを宣言した。

 なお、本プロジェクトは、今年で開催4年目を迎える夏の大型シリーズ「ライオンズフェスティバルズ2019」とも連動する。同フェスティバルズのメーンテーマ「ライオン」にまつわるイベントのひとつとして、8月7日(水)に「SAVE LIONS DAY」を開催。当日は、本プロジェクトへの支援を呼び掛けるとともに、選手たちが、本プロジェクトのロゴ入りオリジナルキャップを着用して試合を行います。

写真=埼玉西武ライオンズ提供
更新日:2019年3月22日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME