top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

KREVA、木村カエラ、斉藤和義、SCANDALら21組による“ロックのお祭り”に1万2千人が熱狂 『ビクターロック祭り2019』レポート

SPICE

『ビクターロック祭り2019』が、3月16日(土)に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催され、21アーティストが出演。観客約12,000人が集まった。

『ビクターロック祭り』はレコード会社・ビクターが「ずっとロック、これからもロック」を合言葉に開催する“ロックのお祭り”。2014年に初開催され、今年で6回目を迎える。今回は、昨年に引き続いて2ステージ制での開催となった。会場には高さ5メートルに及ぶビクターのシンボル犬“ニッパー”の巨大オブジェも登場している。

昨年KICK THE CAN CREWとして出演し、今年で通算3回目の出演となるKREVAを筆頭に、木村カエラ、キュウソネコカミ、go!go!vanillas、斉藤和義、サンボマスター、THE BACK HORN、四星球、LOVE PSYCHEDELICO(Premium Acoustic Set) 、Awesome City Club、どうぶつビスケッツ×PPP、吉田凜音、DJやついいちろう(エレキコミック)らビクターを代表するアーティストにくわえ、SCANDAL、Nulbarich、Shiggy Jr.が初出演。オープニングアクトに「初代 お祭りハッピーにゃんこ」のむぎ(猫)、今年で5回目となるDJダイノジ、ビクターロック祭りへの出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションで昨年グランプリに輝きメジャーデビューを果たした琴音、超能力戦士ドリアン、今年度のグランプリzo-sun parkなど、21アーティストがステージを展開した。

会場内のサテライトスタジオでは、LINE LIVE特番がビクターエンタテインメントチャンネルで生配信された。番組には、出演アーティストが多数登場し、会場に駆けつけることができないファンにも、現場の熱気やインタビューを届けている。

 

BARK STAGE

むぎ(猫)


のむぎ(猫) 撮影=Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)



BARK STAGE、今年のオープニング・アクトを務めたのは、3月20日にアルバム『君に会いに』でメジャー・デビューするむぎ(猫)。ビクターのキャラクター、ニッパーくんを伴って登場。しかし「かわいいですね、でもむぎが主役ですからね、むぎより前に出ないでください」とニッパーくんを制したりしながら、過去1枚だけリリースしているアルバムのタイトル曲「天国かもしれない」と、ニュー・アルバムのタイトル曲「君に会いに」の2曲を披露した。

「むぎは、歌って踊って木琴を叩いてハアハア息切れする猫です」という自己紹介のとおり、歌いながらダンスしたり、間奏やイントロで見事な木琴の叩きっぷりを披露したり(初めて観た人たちが「おおっ!」と声を上げたほどだった)、ニッパーくんと手をつないでぐるぐる回ったり、と、朝イチから集まったオーディエンスを楽しませる。今日は「ビクターロック祭り2019オフィシャルサポーター『初代お祭りハッピーにゃんこ』」というミッションもあるそうで、このあとも会場内のあちこちに出没する、ニッパーパークで一緒に写真を撮ったりもできる、見かけたら声をかけてくださいね、とのことです。

Text by 兵庫慎司

広告の後にも続きます

 

go!go!vanillas


go!go!vanillas 撮影=Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)



BARK STAGEのスターターを務めるのは初のメインステージ登場となるgo!go!vanillas。療養中の長谷川プリティ敬祐の代打としてこの日サポートベーシストを務めるマイケル(夜の本気ダンス)を含めた4人でステージに登場すると、1曲目「マジック」からアクセル全開のロックンロールをぶちかます。うん、絶好調。ビシッと決まったジェットセイヤ(Dr)のヘアスタイルとライダースジャケットのようにタイトなアンサンブルが、いつもよりちょっと早いかもしれないぐらいのテンポでカタマリとなってぶん投げられてくる。耳に向かって飛んでくるロックンロールのビーンボール。とても避けきれませんが、避けないでぶつかればめちゃくちゃ楽しいのです。裏打ちのハイハットが気持ちよくオーディエンスを踊らせた「バイリンガール」、そして「1、2、3、4」のカウントから突入する「エマ」とキラーチューンを立て続けに投下すれば、オーディエンスのジャンプでフロアが大きく揺れる。

途中、マッシュルームカットにスタンドカラーのスーツというビートルズ風の出で立ちが似合いまくっている栁沢進太郎(G)がビクターのアイコンにもなっている犬・ニッパーくんについてのやけに詳しい知識を開陳する一幕を挟みつつ、バニラズのロックンロール・トレインは進み続ける。アイリッシュなリズムがフルスピードで突っ走る「ヒンキーディンキーパーティークルー」でさらに燃料をぶっこみ、先程のニッパー雑学でコール&レスポンスを完遂すると、「カウンターアクション」でバンドのテンションは最高潮に。そして「平成最後の祭りをここにいる全員としてえんだ」「この時代は俺たちの時代だ、さあいこうぜ!」という牧達弥(Vo・G)の言葉からスタートした「平成ペイン」で本当にあっという間にバニラズのショウは終わりを告げた。お祭りの始まりにぴったりの気付け薬。ロックンロールの効能を思う存分味わった。

Text by小川智宏

 

キュウソネコカミ


キュウソネコカミ 撮影=Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)



SEのFEVER 333「BURN IT」が大音量で響く中、登場したキュウソネコカミ、「推しのいる生活」でスタート。後半でセイヤ、「推しは推せる時に推しとけー!」と絶叫。SEに負けず劣らず、バンドの音もいつもよりでかい気がする。2曲目、プロのバンドマンの心情をあけすけに叩きつける「The band」では、セイヤ、「CDとかめんどくさくなってきてるけど、CDが売れた方が俺たちは儲かるぜー!」と、本当にそのまんまなことを口にする。そして「まるで俺たちの曲のようにやりまくっているあの曲!」と「KMTR645」(レキシ)に突入、その次は間髪入れず「米米米米」──と、ステージの上も下もどんどんテンションが上がっていく。

MCでは、何かしゃべりがぎこちないセイヤに、シンノスケが「おまえ大舞台でのMCのしかた忘れたんか!」とつっこむ一幕も(現在ライブハウス・ツアー中なので、ということのようです)。「靴底をきれいに磨いて、みなさんの頭の上に降臨していきたいと思います!」という宣言から突入した「DQNなりたい、40代で死にたい」では、セイヤ、PAの手前まで到達する。

「ビクターロック祭りならではのことをなんかやりたいと思ってさあ。ゲストを呼んでるんですよ。うちの事務所の後輩!」とシンノスケがむぎ(猫)を呼び込み、「俺たちは猫に噛みつくと言っておきながら、猫を踊らすこともできるんですよ!」(セイヤ)と、インスト・チューン「ネコ踊る」へ。まさにそのとおり、むぎ(猫)、ステージを左へ右へと移動しながら踊りまくる。ラストは「ビビった」で、今日何度目かのピークを迎えて終了。本当に一瞬のような全7曲だった。

Text by兵庫慎司

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル