top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゴマキ“アパ不倫”の全面的謝罪に覚える2つの“違和感”

女性自身

元モーニング娘。でタレントの後藤真希さん(33)が香ばしい! 夫のA氏と不倫相手B氏の間で不貞行為による損賠賠償を引き起こしていることが、今週発売の週刊文春で明らかになりました。

 

慰謝料金額は330万円。芸能人なのに330万円でもめてしまうのか……といささかA氏の行動に首をかしげたくなるものの、これを受けてゴマキはブログを更新。手書きの直筆書面で謝罪し、不倫関係があったことを認めました。また自分のいたらない行動によって夫や子どもを深くキズつけたこと、現在は夫婦の関係を修復中であることを明かしました。

 

不倫関係に至った原因とされるA氏からのDVについては、当時A氏とゴマキの間で過度なケンカが繰り返されていたことがあったからと釈明。つまり、すべてゴマキが悪かったということのようですが……。なんか違和感しか覚えないのは、筆者だけでしょうか。

広告の後にも続きます

 

■違和感1:330万円で妻のタレント生命を終わらせかねない夫との仲とは

 

夫であるA氏から不倫相手であるB氏への提訴は、週刊誌によると「それだけ真希に対しての愛が強いのと、間男のBを許せなかったそうです」とA氏の友人の口から語られています。しかし本当に愛が強かったなら、タレント生命を終わらせる可能性の高い提訴行為を夫はするでしょうか。

 

もちろんB氏への怒りが収まらないのは分かります。そこは主張してしかるべきなのですが、妻の立場を脅かすほどの愛の強さって……ちょっと疑問。単純に怖くない気もします。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル