少女時代ユナ、ドラマ共演者がキスシーン秘話を語る!

少女時代ユナ、ドラマ共演者がキスシーン秘話を語る!
今月12日、少女時代ユナが出演した韓国ドラマ『THE K2』が最終回を迎えた。同ドラマの主演俳優チ・チャンウクが、インタビュー内でユナとのキスシーンについて明かした。
ユナ出演のドラマ『THE K2』は、傭兵出身のボディガード キム・ジェハ(チ・チャンウク)と、彼を雇った大統領候補者の妻チェ・ユジン(ソン・ユナ)、世間から離れて生きる少女コ・アンナ(ユナ)との物語を描いた作品だ。


主役を演じたチ・チャンウクが先日インタビューで、ドラマ内の相手役ユナとともにキスシーンを準備しながとても親しくなったと明らかにした。



チ・チャンウクは「エンディングのキスシーンが海外ロケ行った際に一番最初に撮ったシーンだった」と話し、「キスシーンを撮るということをその日空港に到着してから知った」と述べた。

チ・チャンウクは続けて「制作側は、数日後にキスシーンを撮ると言っていたので、当日明確な台本が準備されていなかった。だからユナさんに『僕たち早く仲良くなりましょう!』話していた。それが撮影3日前だった。急いで「ユナさん、タメ口で話しましょう」と言った。作品に関して以外にも、お互いの価値観や趣味などについて話し、急速に親しくなった」と話して笑った。

チ・チャンウクは「序盤にこのような場面を撮ったので、お互いに気持ちが楽になり、気軽に演技することができたと思う。だから演技の呼吸もよく合った。頼り合うことができたし、リラックスできた」と述べた。


一方、ユナはドラマ『THE K2』の制作発表会で、最近アイドルの演技に対する視線が厳しくなっていることに関して、プレッシャーはないかと問われた際「以前はそういう視線にプレッシャーを感じていたが、今回の作品を選ぶ時は自分自身への挑戦という気持ちが大きく、プレッシャーは少なかった。新しいことに挑戦したいという想いが一番ある。監督と先輩方が導いてくれ、この作品に出会えて幸運だ」と話していた。

チ・チャンウクは、そんな演技をするユナに対し「アイドルではあるが、演技に関しては可能な限り偏見なく見ようとした」と話し「ユナさんの出演作を見たことがないため幸いなことに偏った見方をせず、アンナとして見ることができた」と語った。

(c)STARNEWS
更新日:2016年11月22日
提供元:韓流大好き!

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME