top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さんま、「作業員の変装」で女性のマンション訪問の過去

SmartFLASH

 

 3月9日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で、明石家さんまが、カルロス・ゴーン被告の話から思わぬ自身の過去を明かした。

 

 工事業者のような作業服・帽子・マスクで変装して、軽ワゴン車に乗り込んだゴーン被告。その話からさんまは、「俺が30ぐらいのときに、工事用作業員の服で女の子のマンション行ってました。床山さんに付け髭作ってもらって」と語りだす。

 

広告の後にも続きます

 

 その様子を知っている村上ショージは「和製チャールズ・ブロンソン」と笑った。

 

 いくつか変装を試したことがあるさんまは「ゴムでロン毛のかつらかぶってヒゲ作ったんですけど、新幹線で寝てると、そのヒゲがズレて。通路歩く人が『キャー!』言うたことがあるんですよ」と回想。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル