山下が先生を辞める!? 『初めて恋をした日に読む話』第8話レビュー

山下が先生を辞める!? 『初めて恋をした日に読む話』第8話レビュー
深田恭子主演、TBS系列ドラマ『初めて恋をした日に読む話』。3月5日(火)よる10時に放送された第8話は、由利匡平(横浜流星)の父・由利菖次郎(鶴見辰吾)が、大学の設置認可で便宜を働いたという不正疑惑が報道される。菖次郎はクビか左遷か、もしくは逮捕?! 家の前にも大勢の記者が押し掛けて…。

前回2月26日に放送された第7話では匡平が理数に特化した東大受験専門塾『花恵会』に入塾することに。人気美人講師・百田朋奈(高梨臨)のお陰で匡平の数学の成績は目に見えて上がり、喜ぶ春見順子(深田恭子)でしたが、百田と匡平が仲良くしている姿を見て、今まで味わったことのない複雑な思いに胸を痛めるのでした。

百田の正体は牧瀬だった!!

百田は順子の高校の同級生・牧瀬朋奈でした。年齢だけでなく学歴詐称も見つかり『花恵会』もクビになる牧瀬。匡平の特別受講も撤回になってしまい、また、全教科を順子が教えることに。せっかく順調に進んでいた数学の勉強が停滞しだし…。

するとそこへ牧瀬が現れる!! 牧瀬が『山王ゼミナール』の講師に?? と思いましたが、そうではなく、牧瀬は順子に自分が今までしたためてきた「勉強ノート」を渡しに来ただけでした。帰ろうとする牧瀬を順子と匡平は引き留めて、今後も理数科目を教えてほしいと頼み込むのでした。

父からの一言

匡平と順子は牧瀬という強い味方をGETして、東大模擬試験に挑むことに! しかし、匡平が家で勉強していると、下の部屋から菖次郎の怒鳴り声が聞こえてきて…。

心配して下に降りると、いつもと違って疲れている様子の菖次郎がいました。心配する匡平に対し「頑張れよ」と、はじめて優しい言葉をかける菖次郎。長年のわだかまりが少しとけ、喜ぶ匡平なのでした。はにかむ様に微笑む匡平の笑顔に胸キュンです。

模擬試験当日

「模擬試験当日、先生はやることがない」と、山下一真(中村倫也)が順子をデートに誘います。「二人で…いいだろ?」なんて誘われたら断れなーい。さりげなく、そして強引、カッコいい。

順子も初めてのバイクデートにドキドキ。年を取ると「初めて」が減ります。だからこそ、年を取ってから、経験する初めては貴重で愛おしい。順子は「山下となら楽しい日々が送れそう」と思いつつ…。匡平の試験の事が気になり、何度も時計を見てしまうのでした。

不正疑惑

「大学の設置認可を巡って不正疑惑があったのでは?!」と報道され、匡平の家の前には沢山の報道陣が詰めかけ、インターホンを鳴らし続けます。自暴自棄になった菖次郎は深酒をし、匡平に「東大に入っても意味がない」と暴言を吐きます。折角、親子関係が修復しかかっていたのに…。残念。

模擬試験の結果も悪く、順子との事も上手くいかず、そこに父親の事が重なり、匡平は何も考えられなくなってしまいました。教材にやつあたりする匡平。このまま勉強を止めてしまうのでしょうか?

順子の涙

匡平の事が心配で、順子は匡平の家に押し掛けます。順子は教材が散らかった部屋を見て愕然とします。匡平は「俺、受験辞める…」と伝えますが、順子は受験を諦めてほしくなくて、匡平を一生懸命励まします。しかし、涙を流しながら「ごめん。もう無理です」という匡平の姿を見た順子は、大学受験をしていた頃の自分を思い出し、涙を流すのでした。順子が無言で涙をながすシーンは、下手な言い訳や説明台詞がない分、胸に突き刺さりましたね。

そして、追い詰められた匡平を救ったのは…八雲雅志(永山絢斗)なのでした。

山下のお義父さん

議員の吉川恒彦(平泉成)が罪を認め謝罪し、菖次郎は最悪の事態を免れる事に。順子は匡平から事の真相を聞くと、急いで山下に会いに行きます。

山下は元妻の吉川優華(星野真里)と復縁し、義理の父・吉川議員の後を継ぐことを決意していました。山下は「もう好きになられても、困る」と順子を突き放しますが、順子の本心を理解しての強がりでした…。山下は最後の最後まで男らしくてカッコ良かったですね。

第9話は、3月12日(火)よる10時放送

ヘタレの雅志がまさかのプロポーズ!!
次回第9話はTBS系列で3月12日(火)よる10時放送。

初めて恋をした日に読む話 公式サイト
https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/

⇒原作「初めて恋をした日に読む話/持田あき」作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/330455

(更新日:2019年3月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME