愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』開幕~山本耕史「遊園地に行くような感覚で観に来て!」

愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』開幕~山本耕史「遊園地に行くような感覚で観に来て!」
2019年3月10日(日)、東京・TBS赤坂ACTシアターにて愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』が...

2019年3月10日(日)、東京・TBS赤坂ACTシアターにて愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』が初日を迎えた。

本作は、「レキシ」こと池田貴史のソロプロジェクトの楽曲でつづられるミュージカル。劇中では、「狩りから稲作へ」「きらきら武士」「姫君Shake!」「墾田永年私財法」など独特な世界観を持つ楽曲が使用されている。自身もレキシの大ファンである河原雅彦が“たいらのまさピコ”名義で原案・演出・上演台本を手がけた。

初日直前に芝居の冒頭部分がマスコミに披露され、主演の山本耕史をはじめ、松岡茉優、佐藤流司、高田聖子、井上小百合(乃木坂46)、前田悟、浦嶋りんこ、山本亨、藤井隆、八嶋智人といった顔ぶれが本番さながらの舞台を披露した。

会場に入って最初に目につくのは客席一つひとつに設置された稲穂。まるでここが収穫時期の田んぼのようだ。この稲穂はレキシライブではお馴染みのアイテム。どこでこの稲穂を振ることになるのか、始まる前からワクワクさせる。


座席一つ一つに稲穂が!




稲穂(近影)



引きこもりの青年・織田こきんを演じる山本は、普段のりりしさをどこに置いてきてしまったのか、という見た目も中身もモッサーとした冴えない男を驚くほど自然に演じており、それだけで笑いが零れる。また松岡は後程の囲み会見でも話題となったが弁慶役など9役を演じ分け、魅力を放つ。佐藤はまるで『刀〇乱舞』のような切れ味の良い立ち回りをダンスと共に見せていた。藤井隆、高田聖子、そして八嶋智人というマルチな実力派たちが笑いを誘いながら物語をぐいぐいと進めていく。出演者の誰を見ればいいのか分からないくらい豪華で濃厚なキャラばかりだ。またここまでの流れの中でもすでにレキシの楽曲がいくつか歌われてている。ミュージカルではあるが、ライブのような賑やかさに溢れたステージングだ。
ついに、ウォルト・レキシー(八嶋)の導きでいよいよレキシーランドへと迷い込むこきんの身に何が起きるのか。






 

初日前会見には、山本、松岡、佐藤、八嶋、藤井が出席した。

山本は初日に向け、「ここまであっという間という感覚と、やっとこの日が来た、という両方の感覚があります。何よりもレキシさんの曲ですし、賑やかなメンバーなので、楽しむ事がいちばんの望み」と嬉しさ全開。


山本耕史



松岡も稽古の日々をを振り返って「皆と遊んでいるみたいな感覚でお稽古も過ごしていました」と笑顔。


松岡茉優



八嶋は「この並びで楽しくないものをやっているとなったら『はあっ!?』となると思います。お客さんに助けていただきながら最後まで完走したい」と語り、藤井は「先ほど演出の河原さんから緊張しないでください、と声をかけられました。どう考えても緊張するし、きっかけも多い。でも河原さんがおっしゃっている意味はわかるので、誠意を持って真剣に楽しさを届けたい」とコメント。横から八嶋が「藤井さんは今日が誕生日!」と拍手を送り、松岡が「何歳になったんですか?」と聴くと「36歳なんです」と藤井。「微妙な嘘をつかないでください」と松岡に突っ込まれ「47歳ですぅ」と自白。詰めかけたマスコミから笑いが起きていた。


八嶋智人




藤井隆(誕生日を祝う八嶋さんと共に)



そして佐藤は「稽古中でも、ゲネプロでも袖にいるときに誰よりもたくさん笑わせていただいています。面白い作品だなと思います。大好きな刀をブンブン振り回していきたいと思います。みんなでワイワイ最後までと思っています」と意気込んだ。


佐藤流司



台本を読んだ印象を「自分がどの役か把握するのに凄く時間がかかった。今もまだよくわかっていない」と笑いを誘う。山本がメインで演じる織田こきん役はボサボサヘアに眼鏡という姿だが「眼鏡をはずすと『酔拳』の頃のジャッキー・チェンみたいで」その的確な表現にまた笑いが起きていた。


『酔拳』の頃のジャッキー・チェン(笑)


山本さん、さりげなく凄い事しています!



松岡も「演じる役の数が多くて。でもまさか自分が沖田総司役をする日が来るとは思ってもいなかった」と興奮気味に語るが「姫役もあるので、ネイルをしているんです。だから新撰組の青い羽織を着てネイルをした沖田総司が刀を振るという楽しい事になっている」とニッコリ。実際に自分が何役演じるのか分からなくなった松岡は、他のメンバーが喋っている間も頭をひねり指折り数えており、合間を縫って「9役でした!」と報告していた。


「あの役でしょ、この役でしょ……」と必死に数える松岡さん



また、佐藤は台本を読んだ時の印象として「舞台上には現れないト書きとか、ナレーションにも面白い部分があって、読んだときも笑わせてもらいました」と述べていた。

最後に、舞台上では久しぶりに土方歳三役も演じる山本は「肩の力を抜いてまるで遊園地に行くような感覚で観に来てほしい」とアピールして会見を締めていた。


 

【オマケ1】某大河ドラマの主人公に勧めたい佐藤さんの丈夫な足袋!


 

【オマケ2】お館様ことレキシさんからのお祝い花も稲穂仕様でした!さすが!


取材・文・撮影=こむらさき

更新日:2019年3月15日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME