top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

男に聞いた!ラブシーンに興奮した女優1位は…♡

JOOKEY

女優の中には脱ぐことを厭わず、過激なラブシーンに挑戦する方もいます。その覚悟が評価されて一躍実力派として名をはせることも…。そこで今回は「ラブシーンに興奮した女優」を男性に聞いてみました!

■質問内容

男性に質問!ラブシーンに興奮した女優はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:沢尻エリカ(ヘルタースケルター) 20.0%
2位:吉高由里子(蛇にピアス) 18.0%
3位:上戸彩(昼顔) 16.0%
4位:壇蜜(私の奴隷になりなさい) 14.0%
5位:石原さとみ(高嶺の花) 12.0%
5位:深田恭子(セカンド・ラブ) 12.0%
7位:黒木瞳(化身) 10.0%
8位:有村架純(ナラタージュ) 8.0%
9位:森川葵(文学処女) 6.0%
9位:二階堂ふみ(私の男) 6.0%
9位:戸田恵梨香(大恋愛) 6.0%
9位:相武紗季(硝子の葦) 6.0%
9位:広末涼子(不信のとき) 6.0%


◆1位!沢尻エリカ(ヘルタースケルター)

1位にランクインしたのは『ヘルタースケルター』でラブシーンを演じた沢尻エリカさんです!

全身美容整形を施した美女、りりこを演じた沢尻さん。ファッションモデルとしてトップに駆け上がったりりこは整形の副作用などのストレスから追い詰められていきます。

下着姿やトップレスなども本作で披露し、生々しいラブシーンにも挑戦。役に入り込みすぎたため宣伝活動は体調不良ためできませんでした。それほどの想いと覚悟を持って演じた「りりこ」。

「別に」発言で芸能界から干され、完全に孤立してしまっていた沢尻さんでしたが、「エリカ様完全復活」に相応しい作品となりました。沢尻さんの代表作ですね。


◆2位!吉高由里子(蛇にピアス)

2位にランクインしたのは『蛇にピアス』で初主演ながらラブシーンを演じた吉高由里子さんです!

蛇にピアスは金原ひとみ先生が執筆した同名小説が原作です。第130回芥川龍之介賞を受賞しました。1位の『ヘルタースケルター』は蜷川実花さんが監督でしたが、本作は父である蜷川幸雄監督によるもの。1位2位を蜷川家が独占しているのは感慨深いですね。

吉高さんは下にピアスを開けたり、刺青を入れたりすることで痛みに快感を覚えていく主人公を演じました。恋人役の高良さんだけでなく彫り師シバ役を演じたARATAさんともラブシーンがあり、首をしめられたりと過激なことも…。

吉高さん自身「メンタルな面からえぐりとられるような撮影」だったとコメントを残しているように、壮絶な撮影だったのではないでしょうか。役に入り込んだからこそ、生々しいラブシーンになったのかもしれませんね。


■女優の覚悟が問われる

いかがだったでしょうか? 男性が興奮するほどのラブシーンには普段では見れない「女優の顔」が必要なのかもしれません。ラブシーンって普通の人は多くの人に見られないですよね。その覚悟があるから、厳しい芸能の世界でも生き残れるのではないでしょうか。

 

HORANE調べ
2019年2月
調査対象:10~40代の男女

 

TOPICS

ランキング

ジャンル