top_line

岡田准一と福士蒼汰が激突!実写映画『ザ・ファブル』予告編を公開 宮川大輔、藤森慎吾の参戦も明らかに

SPICE

6月21日(金)に封切られる映画『ザ・ファブル』から、本予告編と追加キャスト情報が公開された。

『ザ・ファブル』は、『週刊ヤングマガジン』連載中の南勝久氏による同名漫画の実写映画化作品。ひょんなことから大阪で一般人として生活することになった“伝説の殺し屋”の日常生活を描いた物語だ。「どんな相手も6秒以内に殺す」と言われた主人公の殺し屋・ファブルこと佐藤アキラを岡田准一が演じるほか、アキラの相棒・ヨウコ役で木村文乃、ファブルを幼い頃から指導したボス役で佐藤浩市、アキラが初めて出会う一般人の女性ミサキ役で山本美月、アキラを狙う殺し屋・フード役で福士蒼汰が出演。そのほか、柳楽優弥、向井理、安田顕らがキャスティングされている。メガホンをとるのは、『ガチ星』の江口カン監督。脚本を、実写『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズの渡辺雄介氏が手がける。


解禁された予告編では、ファブル(岡田准一)とフード(福士蒼汰)の銃撃戦など、多数のアクションシーンが解禁。日本でも屈指の“動ける”俳優による、迫力ある戦闘が繰り広げられる。また、ボス(佐藤浩市)がファブルに対してぶっそうな言葉で“普通の生活”を送るよう命令する場面や、柳楽優弥、向井理、安田顕らが凄むシーンなども公開。タコ社長・佐藤二朗が登場する、ゆるい日常の一幕も収められている。


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会



また、予告編とともに、宮川大輔、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)の出演も明らかに。宮川は“ジャッカル富岡”役、藤森はチャラ男の“河合ユウキ”役で登場。予告編では、佐藤アキラ/ファブルを唯一爆笑させるという、ジャッカルのシュールなギャグが確認できる。

宮川、藤森もコメントは以下のとおり。

 

宮川大輔(ジャッカル富岡役)


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会



ジャッカル富岡は原作で非常に人気のキャラクターで、ファンの間では誰が演じるのか話題沸騰と聞きました。しかも岡田准一さん演じる伝説の殺し屋が唯一爆笑する芸人役ということで、その重要さを受け止め、魂を込めて演じました。ジャッカル富岡のシーンは、撮影全体の終盤に行われたので、先にアップしたキャストの皆様のバトンをつなぐ気持ちでやらせていただきました。衣装は上半身が裸にネクタイだけなので腹が出ていた方が面白いと考え、前日には特盛3杯食べて出来る限りの役作りをしました。

 

藤森慎吾(河合ユウキ役)


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会



ヨウコ役の木村文乃さんとの共演で、終始ドキドキ、大興奮の現場でした!その木村さんに鼻にピスタチオを詰めていただけるというのは、たまらない経験でした!両方の鼻にピスタチオを詰められて、片方だけ落ちるという難しい撮影もあったので、木村さんとは入念にリハーサルをしました!演じさせていただいた河合ユウキは、ずっと女の子のことばっかり考えているどうしようもない奴ですが、憎めない可愛げのある奴だと思います!そんな河合の滑稽な様子に、笑ってもらえたら嬉しいです!

『ザ・ファブル』は6月21日全国公開。

TOPICS

ランキング

ジャンル