top_line

TAKURO、ソロアルバム試聴会でGLAYのギタリストとしての想いを語る!

エンタメステーション

自身2枚目となるソロインストアルバム『Journey without a map II』(2月27日発売)をリリースしたGLAYのTAKUROが、3月5日、ブルックリンパーラー大阪にてトーク&アナログ試聴会を実施した。

東京に続いて2回目となるこのイベント。今回の司会は、TAKUROとも親交の深い、FM802『TACTY IN THE MORNING』のDJを務める大抜卓人。1stソロアルバムをリリースした際も司会を務めており、イベントは穏やかなムードで進んでいった。

大抜が冒頭で「夢の詰まった2ndアルバム、完成おめでとうございます!」と激励し、トークはアルバム収録曲の話題に。

アルバムプロデューサーでもあるB’zのTak Matsumotoからの提供曲「北夜色 Port Town Blues」について大抜が問いかけると、TAKUROは「ほかの曲は自分の背景があるんですが、この曲はギタリストとして松本さんに向き合った曲。すごいプレッシャーでしたが、この曲のおかげでギタリストとしてこの先どうしていきたいか、道が見えました」と心境を語り、そしてこのアルバムができたときに松本から「前作を超えたね」とひと言かけられたとき、泣きそうになったとのエピソードも語った。

イベント終盤では「GLAYのメンバーは皆、自分のテリトリーに関しては絶対手を抜かない。だからこそ自分ももっと成長しないといけないと、つねに思っているんです」とGLAYのいちギタリストとしての想いを打ち明けた。

TAKUROがGLAYのために、自分を成長させるために始めたというソロプロジェクト。それがデビュー25周年である今年、どのようなパフォーマンスと音色を魅せるのか、ギタリストとして、そしてGLAYのリーダーとして、これからTAKUROが歩む姿に注目だ。

そして、「自分の憧れていた場所、ここでライブができることが本当にうれしく思います! また各地のミュージシャンを迎えたセッションをこのツアーでは行います。その土地でしか聴くことのできないジャーニーをお届けします!」と自身初となるビルボードライブ大阪について意気込みを語り、この日のイベントは幕を下ろした。

PHOTO BY 森 好弘

リリース情報

2019.02.27 ON SALE
TAKURO ALBUM『Journey without a map II』

ライブ情報

GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour“Journey without a map 2019”
03/14(木)福岡・Zepp Fukuoka
03/16(土)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
03/18(月)大阪・Zepp Namba
03/20(水)愛知・Zepp Nagoya
03/22(金)新潟・新潟LOTS
03/26(火)東京・Zepp Tokyo
03/29(金)宮城・SENDAI GIGS
03/31(日)北海道・函館・金森ホール ※1日2回公演

※追加公演
04/03(水) 東京・ビルボードライブ東京 ※1日2回公演
04/06(土) 大阪・ビルボードライブ大阪 ※1日2回公演

『Journey without a map II』特設サイト
http://glay.co.jp/takuro_jwam2/

GLAY オフィシャルサイト
http://www.glay.co.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC

TAKURO、ソロアルバム試聴会でGLAYのギタリストとしての想いを語る!は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル