“同性愛を治す”という衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』で、ニコールキッドマン&ラッセル・クロウが見せる驚きの演技力とは?

“同性愛を治す”という衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』で、ニコールキッドマン&ラッセル・クロウが見せる驚きの演技力とは?
ルーカス・ヘッジズが初主演を飾る映画『ある少年の告白』が、4月19日(金)に公開される。 本作は、自らが同性愛者であることに気づいた青年が、両親によって勧められた同性愛を“治す”矯正セラピーに参加し、葛藤をしながら、あり […]

ルーカス・ヘッジズが初主演を飾る映画『ある少年の告白』が、4月19日(金)に公開される。

本作は、自らが同性愛者であることに気づいた青年が、両親によって勧められた同性愛を“治す”矯正セラピーに参加し、葛藤をしながら、ありのままの自分や親子の絆を再発見するまでを描いた感動作。2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話をもとに描かれる。本作では、「アカデミー賞」ノミネート常連のニコール・キッドマンやラッセル・クロウなど豪華俳優陣が出演。原作者さえ驚くほど、外見も中身も生き写しレベルな驚きの演技を見せていることで注目を集めている。

演技派スターとしての地位を確立してきたニコール・キッドマンは、『アイズ ワイド シャット』(99)や『ムーラン・ルージュ』(01)などに立て続けにヒット作出演し、『めぐりあう時間たち』(02)では「アカデミー賞」主演女優賞を受賞。また、アメリカで大ヒットとなったサスペンスドラマ『ビッグ リトル ライズ』(17~)では出演だけでなく製作としても加わり、その年の「ゴールデングローブ賞」、「エミー賞」の名だたる賞を総なめ。製作者としても才能を発揮し、現状に満足せず挑戦し続けている。

本作で主人公の母親・ナンシーを演じたニコールは、ひと足先に本作を観た評論家やマスコミたちからは「原作モデルに似すぎ!」と話題になるほど本人の特徴を見事に体現。原作者、ガラルド・コンリ―より「僕の母親そのもの!」と絶賛されるほど、見た目だけでなく中身まで憑依しているかのような演技を見せている。ニコールは「これは信じられないほど親密な家族の話であり、そんななか母親として素晴らしく素敵な彼女を是非演じたかった」と本作への出演を熱望。また「本作に出演することで、なにか大きな変化を起こす手助けをしたかった」と話す彼女は、当時のアメリカ社会の女性的立場にもどかしい思いをしながらも、芯が強く深い愛をもつ母親役を見事に演じ切っている。

そして、誰もがその名を知るハリウッドスター、ラッセル・クロウ。ドリー・スコット監督がメガホンをとった『グラディエーター』(00)では見事「アカデミー賞」主演男優賞に輝き、その後も、『レ・ミゼラブル』(12)、『ナイスガイズ!』(16)など「アカデミー賞」に絡む作品への出演で映画界を牽引してきた。

彼は本作へ出演したきっかけについて、ジョエル・エドガートン監督だったと明かし、「本当に素晴らしい脚本だと思うよ。ジョエルの処女作『ザ・ギフト』はとても気に入ったし、俳優としての彼を何年も知っていたから出るべきだと思ったんだ」とコメントしている。

本作では、愛する息子が同性愛者という事実を知り、牧師という立場ゆえ、悩み葛藤していく、主人公の父親・マーシャルを演じているラッセルは、「難しい役だったが、原作者の父親に実際に会いに行ったんだ。彼の礼拝にも行ったけれど、すごく心の温かい人間だったし、彼の心の中心にあるのは愛だと気付いた」と明かす。原作者のガラルド・コンリーも「本当に驚かされた。僕の父親にそっくりなんだ」と驚きを隠せないほどの生き写しレベルの演技を見せ、撮影現場でも役のまま過ごしていたというラッセルは、もはや実際の人物そのものだったという。

ハリウッドを代表する名優ふたりが体当たりで挑んだ感動の家族の物語に注目したい。

【STORY】
牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)を両親にもつジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)は、大学生となった。きらめくような青春を送るなか、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性が好きであることに気づく。意を決して両親にその事実を告げるが、息子の言葉を受け止めきれない父と母は困惑し、動揺する。

父から連絡を受けた牧師仲間が助言をするため、続々と家へやってくる。
父は問う。「今のお前を認めることはできない。心の底から変わりたいと思うか?」
悲しげな表情の母を見て、ジャレッドは決心する。「 はい」

母が運転する車に乗り込み、ジャレッドは施設へと向かう。「治療内容はすべて内密にすること」細かな禁止事項が読み上げられ、部屋へと案内される。白シャツの同じ服装の若者たちが弧を描くように椅子に腰を下ろしている。
「救済プログラムにようこそ!」12日間のプログラムが始まった 。

作品情報

『ある少年の告白』
4月19日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー!


出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)
配給:ビターズ・エンド/パルコ
©2018 UNERASED FILM, INC.

オフィシャルサイトwww.boy-erased.jp

“同性愛を治す”という衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』で、ニコールキッドマン&ラッセル・クロウが見せる驚きの演技力とは?は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2019年3月11日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME