竹内まりやが歌唱・翻訳監修、山下達郎がコーラス! 実写映画『ダンボ』日本版エンドソングの担当が決定

竹内まりやが歌唱・翻訳監修、山下達郎がコーラス! 実写映画『ダンボ』日本版エンドソングの担当が決定
3月29日(金)公開の映画『ダンボ』の日本版エンドソングを竹内まりやが担当することが決定した。 ディズ...

3月29日(金)公開の映画『ダンボ』の日本版エンドソングを竹内まりやが担当することが決定した。

ディズニー映画『ダンボ』は、大きな耳を持つ象のダンボが、引き離された母を助けるため、サーカス団の家族の力を借り、新たな一歩を踏み出すファンタジー・アドベンチャー。サーカスの元看板スターでダンボの世話係となるホルト役でコリン・ファレルが出演。そのほか、ヱヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィートらがキャスティングされている。メガホンをとるのは、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』のティム・バートン監督。


竹内が歌うのは、過去に公開されたアニメーション映画『ダンボ』の挿入歌として知られる「ベイビー・マイン」(「わたしの赤ちゃん」)。母親象のジャンボが、“大きすぎる耳”を持つダンボへの愛情を美しいメロディに乗せて歌うバラードだ。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、ベッド・ミドラーなど多くのアーティストがカバーしてきた。

今回の起用について、竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは!懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメントしている。

また、日本版エンドソングとしての使用にあたり、歌詞の翻訳監修を竹内みずからが手がけている。さらに、竹内のパートナーでもある、山下達郎がバッキングコーラスとして参加することも決まっている。

映画『ダンボ』は3月29日(金)全国公開。

更新日:2019年3月12日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME