top_line

マツコ・デラックスが「ごめんなさいね」「面倒くさーい」「なんですっぴんの時に…」宅急便を受け取る気持ちを表現

music.jp

マツコ・デラックスが「ごめんなさいね」「面倒くさーい」「なんですっぴんの時に…」宅急便を受け取る気持ちを表現(C)music.jp 〜クロネコメンバーズ全3篇 「不在票」篇、「めんどくさい」篇、「すっぴん」篇〜
ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社は、マツコ・デラックスさんを起用した宅急便の新TV-CMとして、宅急便の「受け取る」「送る」をより便利にご利用いただける無料の会員制サービス「クロネコメンバーズ」の「不在票」篇、「めんどくさい」篇、「すっぴん」篇(各15秒)を3月5日(火)より放映します。また、YouTubeヤマト運輸公式チャンネルや特設WEBサイトにて、クロネコメンバーズのオススメサービスを紹介したWEB動画を公開します。

Youtube公式チャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UCSayTHeqUt6typ_HEcrBQFA


特設WEBサイト :

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/campaign/km2017/



1.新TV-CMについて
今回の新CMでは、自宅でくつろいでいるマツコ・デラックスさんを主人公に、宅急便受け取り時に起こりがちな3つのあるあるシチュエーション(不在で受け取れない、再配達の依頼が面倒、対面で受け取りたくない)を描きました。宅急便を受け取れない状況が起こるたびに、何だかモヤモヤした気持ちが湧いてくるマツコさん。そんなマツコさんをはじめ、多くの人が抱える宅急便が届く際の困りごとを解決できる「クロネコメンバーズ」を紹介しています。
リビングで黒猫と楽しそうにじゃれ合うシーンや、カメラに背中を向けたまま語るすっぴんのバックショットなど、バラエティー番組でもなかなか見られない、プライベートなマツコさんの姿も楽しめる新CMにご注目ください。

(1)「不在票」篇(15秒)

外出から帰宅し、玄関からリビングに向かう際、ポストに入っていた宅急便の不在票を見ながら、心の中で「不在票を見るたびに申し訳ない気持ちになるのよね」「ごめんなさい宅急便のお兄さん」と呟くマツコさん。ふと足を止めて、セールスドライバーに思いを馳せています。『不在で受け取れない』というお客さまのあるあるシチュエーションを描いたCMです。

(2)「めんどくさい」篇(15秒)

リビングのソファーに寝転んで、何もする気にならず放心状態のマツコさん。ボーッと天井を見ながら、「面倒くさーい…面倒くさーい…再配達の申し込みなんて一番面倒くさーい…」と心の中で呟いています。「再配達の依頼が面倒」というお客さまのあるあるシチュエーションを描いたCMです。

(3)「すっぴん」篇(15秒)

リビングで、すっぴんのマツコさん(後ろ姿)が、ソファーでテレビを見ながらくつろいでいると、「ピンポーン♪」とチャイムが鳴ります。心の中で「え、宅急便?なんですっぴんの時に来るのよ」「見たかないだろ 私のすっぴん」と呟くマツコさん。『対面で受け取りたくない』というお客さまのあるあるシチュエーションを描いたCMです。


■マツコ・デラックスさんインタビュー

——マツコさん自身、宅急便が受け取りづらいと感じるのはどんな場面でしょうか?

「私、一人暮らしじゃない?(セールスドライバーの)皆さんは、だいたい上の階から順番に配達されるでしょ。だから、その日の荷物の多さによって、うちに来るまで何分かかるか分からないのよ。一人暮らしって意外とそういうタイミングが合わなくて、あと何分なんだろうとかっていうね。5分なら大丈夫だけど、10分だとアウトみたいな時とか、けっこうドキドキしながら待っているわけよ。そういう気持ち、一軒家の方は分かんないと思うけど、それぞれにあるわけよ、お悩みポイントが。だから、CMで描かれているお悩み以外にも、今回のような(クロネコメンバーズ)サービスがあると助かるって人、けっこういると思う。」

TOPICS

ランキング

ジャンル