top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本テレビ1月ドラマ、制作現場の「悪評/好評」地獄耳

SmartFLASH

 

 テレビドラマがリアルタイムで見られなくなっている現在、成功度を従来の「視聴率」だけで測ることは難しくなってきた。

 

 大手広告代理店では、各作品の「総制作費」と「視聴率」をもとに計算された「採算分岐点」から、コスパを換算し、さらに録画視聴の指標である「タイムシフト視聴率」などを加味して、ドラマの成否を判断している。

 

広告の後にも続きます

 

 本誌は、そうしたさまざまな指標のひとつで、ドラマ制作者たちのリアルな声が掲載されている極秘データを入手した。まずは、近年「視聴率3冠王」をほしいままにしている、日本テレビのドラマから。

 

 同局でいちばん評価がよかったドラマは、『3年A組−今から皆さんは、人質です−』(毎週日曜22時30分~)だ。日曜の深夜にもかかわらず、視聴率は平均して2桁を維持している。予想だにしない展開の早さなど、話題性もある。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル