top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さんま 舞台後ひそかに通夜へ…松之助さん次男語る最後の孝行

女性自身

「親父にとっても、理想的な最期だったと思っています。まったく苦しむこともなく、われわれ家族にも迷惑をかけず眠るように逝きましたから」

 

そう語るのは、2月22日に亡くなった落語家・2代目笑福亭松之助さん(享年93)の次男・明石正之さん(48)だ。松之助さんは上方落語界の重鎮であり、明石家さんま(63)の師匠としても知られていた。そのさんまは亡くなった翌日、新しくオープンした劇場のこけら落とし公演に出演。そこで「師匠、すぐにおそばにいきます……」とネタにするなど、悲しむ様子をいっさい見せることはなかった。

 

だが実はその後、ひそかに師匠のもとへと駆けつけていたという。正之さんは、さんまの知られざる素顔を明かしてくれた。

広告の後にも続きます

 

「さんまさんは通夜当日に舞台があって、法要には間に合いませんでした。ですが、『終わってからいきます』と連絡をいただいて……。法要後、みんなでご飯を食べているときにほかの芸人さんらと駆けつけてくださったんです。翌日の葬儀は最初から最後までずっと参列していただきました。私は受付けをしていたので詳細はわかりませんが、さんまさんは最後まで涙を見せなかったそうです」

 

さらにさんまはひそかに、入院中の松之助さんのお見舞いにも訪れていたという。

 

「ちょくちょく来てくださっていました。大きな処置をする前にはいつも、親父の顔を見に来てくれたみたいです。亡くなる数週間前にも来てくださって……。僕はいつも行き違いだったんですが、病院に行くと親父が『さっき、さんまが来てくれてたんや!』と話してくれました」(正之さん)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル