おならが止まらない場合はこれが原因かも…

おならが止まらない場合はこれが原因かも…
女性にとって、腸、なかでもおならに関するトラブルは深刻なものです。しょっちゅう出る、食後にお腹が張ってボトムスがきつくなる……。気軽に相談できるものでもないため、困りものです。


 こうしたトラブルの原因として最近注目されているのが、SIBO(腸内細菌異常増殖症候群)と呼ばれるものです。

●小腸で腸内細菌が異常増殖した状態

 わたしたちの腸にすみついている善玉菌や悪玉菌といった腸内細菌の多くは、通常、大腸で活動をしています。ここにいる悪玉菌が小腸にいってしまい、異常繁殖してしまうのがSIBOと呼ばれる状態。

 小腸は、本来なら食べた物の栄養を吸収したり、免疫細胞をつくったりするという大切な役割がありますが、SIBOになるとこれらがうまくいかなくなり、栄養吸収がさまたげられたりします。たとえば、増えすぎた細菌が食べ物から得られる栄養素を消費してしまい、低血糖症になったり、ビタミンB12が不足することがあります。また、脂肪の吸収も妨げられることも。さらには菌たちの異常増殖により、ガスを発生させてしまうことも……。

 その原因のひとつとして考えられているのが、ぜん動運動の動きが低下したり、腸の内容物がとどまってしまうことです。胃から小腸、大腸と食べ物はぜん動運動によって運ばれていきますが、糖尿病をはじめさまざまなトラブルによってぜん動運動が妨げられてしまい、内容物が一カ所にストップ。そこから菌が増殖してしまうのです。

 また、通常食べ物を小腸から大腸に送るところが、ぜん動運動が逆になってしまうことで、大腸から小腸に逆流することも。すると大腸にいた菌が小腸にすみつくことも考えられます。

 このほか、手術などで小腸などに傷や癒着がある、小腸にくぼみができている、胃酸が減っている、といったケースも。小麦に含まれているグルテンや、牛乳に多いカゼイン、乳糖の不耐性が関係している場合もあるので気になります。

●乳酸菌などをとって善玉菌を増やす

 セルフケアでできることとしては、発酵食品で乳酸菌などを積極的に取り入れ、善玉菌を増やしていくことがあげられます。また、人によってはグルテンフリーやカゼインフリーの食事も功を奏すといえそうです。とはいえ、つらい場合は医師の診断をあおぐのがよいでしょう。

 いつもおならやお腹のハリを気にするのはちょっとしんどいもの。気になる人は、意識してみてはいかがでしょう。

(更新日:2019年4月2日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME