top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

メンバーが可愛いアイドルBiSHって?楽曲の歌詞にも注目!

UtaTen

”クソアイドル”の魂を受け継ぐBiSHとは


BiSHは2015年に誕生した、6人組女性アイドルグループです。

プー・ルイを中心として2010年から2014年まで活動し、過激な活動で何かと世間を騒がせた旧BiSのプロデューサーである渡辺淳之介が、「もう一度BiSを始める」と”クソアイドル”の魂を受け継ぎながらも新たなプロジェクトとして始動しました。

2018年末、第60回レコード大賞では新人賞にノミネートされ、賞は逃したもののそのかっこよさがが話題となり、「BiSH」がTwitterの検索ワードで日本一位と世界二位を記録。今最も話題のグループなんです!

しゃべくり007のベテラン芸人もタジタジ?!個性豊かすぎるメンバー


「しゃべくり見たけどBiSHっていうグループ面白すぎる!」
「BiSHって凄いな。しゃべくり見てよかった、ステージパフォーマンスも曲もかっこいい!」
と、しゃべくり007に出演した際には芸人顔負けの面白さとパフォーンス力の高さから、Twitterでは彼女たちを称賛する声が上がりました。

【関連ニュース】しゃべくり007に出演したBiSHがSNSトレンド一位に!

しゃべくりメンバーも驚かせるほどの個性を持った、”濃すぎる”メンバーをご紹介します。

アイナ・ジ・エンド


担当は「おくりびと」。
ハスキーで切ない唯一無二の歌声を持つBiSHの歌姫。また、BiSHの振り付けは彼女が担当しています。ソロシンガーやダンサーとしての活動経験もあり、そこで積み重ねた技術とカリスマ性でグループを引っ張っています。

▼ソロ楽曲歌詞


セントチヒロ・チッチ


担当は「見た目は真面目、中身は悪女これでも彼氏は2人まで」。
伸びの良い真っ直ぐで透き通った歌声を持つBiSH二人目の歌姫。
バンド好きで、リスペクトするバンドマンは銀杏BOYZ峯田和伸。可愛らしい見た目とは裏腹にライブでは自ら観客側にダイブしたりと、BiSHのロックスターです。

▼ソロ楽曲歌詞


モモコグミカンパニー



担当は「あまのじゃく」。
書籍も出版するほどのメンバー1の文才の持ち主で、BiSHの楽曲には彼女が作詞をした名曲も数多くあります。
その鋭い感性と、控えめだけどグループを想う熱い気持ちを持つ努力の人です。

ハシヤスメアツコ



担当は「メガネ」。
モデル級の美人なのに全員からネタにされてしまう、BiSHのいじられキャラ担当。
ライブでは定番のコントは彼女がいないと始まらない……!なんだか癖になるアツコワールドは必見です。

リンリン



担当は「無口」。
アンニュイな雰囲気と、アーティスティックな髪型でアイドルのイメージを良い意味でぶち壊してくれる彼女。無口を担当していますが、ライブ中は男性顔負けのシャウトで会場を盛り上げます。

そんな彼女もまた作詞をしており、モモコさんとはまた違った、少しダークな歌詞が得意です。

アユニ・D


担当は「僕の妹がこんなに可愛いわけがない」。
メンバーの中では1番最後にオーディションで加入しました。汗だくで踊る姿は見るものを魅了します。また、2018年にはソロプロジェクト「PEDORO」としてベースボーカルにも挑戦。彼女の可能性は未知数。今後も成長が楽しみなメンバーです!
(関連記事:「BiSH」アユニ・Dがソロバンドプロジェクトを始動!)

▼ソロ楽曲歌詞


それぞれの個性がぶつかり合い、BiSHを作り出しているんですね!

音楽ファンを唸らせる楽曲の良さ


ステレオフューチャー超良い#BiSH

— HiSAƧiH (@HISASHI_) November 5, 2018

楽曲が良い!と音楽好きにも人気のBiSH。
GLAYのHISASHI氏をはじめ、プロのバンドマンにも高評価を受けており、その人気故、バンドスコアも発売しているほど。

その秘密は彼女達を支える制作陣にありました。

BiSHのサウンドプロデュースを行う松隈ケンタは、自身もバンドマンとして活動経験のある音楽クリエイター。

彼が過去に手がけた代表的なものには、

・柴咲コウ「ラバソー 〜lover soul〜」(作曲)


・ 中川翔子「フライングヒューマノイド」(作詞・作曲・編曲)


などがあります。

J-POPシーンでも活躍する彼が生み出す骨太ロックサウンドは、耳の肥えた音楽ファンを虜にし、アイドル曲を今まで聴かなかったファン層の獲得に成功しました。

彼女達の肩書きが「楽器を持たないパンクバンド」なのも納得です!


清掃員として盛り上がろう!オススメ楽曲


BiSHはデビュー当初、「新生クソアイドル」の肩書きで活動していたので、その糞を駆除するという意味からファンを「清掃員」と呼んでいます。

そんな清掃員達がライブで盛り上がる、BiSHにハマるなら知っておくべき定番曲をご紹介。

星が瞬く夜に







馬糞を顔面に投げつけられているPVでも話題となった曲です。でも歌詞はとっても前向き。BiSHが活動を開始してすぐに発売されたアルバムの収録曲であることから、他の正統派アイドルとは少し違う自分たちを「化け物」として表現しながらも、未来への決意を語っているように見えます。

ライブでは特にサビでの盛り上がりが尋常じゃない!簡単な振り付けなので、すぐ覚えられると思います。

モヒカン限定イベント「モッヒンジャパン2015」ではこの曲を1回のステージ中13回歌唱したことは伝説となっており、それくらい盛り上がる人気曲です。

OTNK






BiSHの魅力の一つ「下ネタもかっこよくしちゃう」が最も味わえる1曲。歌詞だけ見ると意味不明ですが、曲を聴くと最初は赤面しちゃうかもしれませんね……

ライブでは、アイナさんの歌声とリンリンさんのシャウトから火蓋が切られるのですが、兎に角かっこいい。鳥肌立ちます。

イントロと間奏ではメンバーも、清掃員もヘドバンをして盛り上がります。メンバー全員、頭振り乱しちゃってます。

海外ロックフェス並みのアツさと盛り上がりを、ライブ会場で是非体感していただきたい……

今後もどんな物語を見せてくれるのか


アイドル戦国時代において、その個性とカッコ良さを武器に勝ち進むBiSH。

今後もどんな物語を見せてくれるのでしょうか……!


アイドルの概念をぶち壊してくれる彼女たちに期待です!!



TEXT mitsui

TOPICS

ランキング

ジャンル