top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フレデリック 健司&康司の誕生日にして2ndアルバムの発売日、「一生忘れない」特別な一夜にみせた姿

SPICE

FREDERHYTHM TOUR 2019~飄々とイマジネーション~  2019.2.20  Zepp Tokyo

この東京公演の2日前にフレデリックは、4月13日の新木場STUDIOCOASTから来年2月24日の横浜アリーナまで、全国各地を回るバンド史上最長の全国ツアー『FREDERHYTHM TOUR 2019-2020』を開催することを発表した。
『FREDERHYTHM TOUR 2019~飄々とイマジネーション~』がいまだ継続中にもかかわらず、新たなツアーを発表したのは、19年もフレデリックは前進をやめないという意思を、たたみかけるように、そして大きなインパクトとともに伝えたかったからだと思うのだが、それができたのはやはり、この1、2年の間に確信に変った、自分たちは正真正銘のライブバンドだという自負がメンバー4人の思いの中にあるからこそだ。そして、それと同時に5つの“SEASON”にわたって行う長い長いツアーに挑むことで、彼らはライブバンドとして、もっともっと成長したいと考えているんじゃないか。


フレデリック 撮影=ハタサトシ



1日目、2日目ともにソールドアウトとなり、改めてバンドの人気上昇を印象づけた東京公演の1日目を観ながら、筆者が一番感じたのは、ライブに対するフレデリックの今の熱い思いだった。観客の頭の上を飛び交う無数のレーザービームを含め、バンドのパフォーマンスを彩る眩い照明はもちろん、フレデリックのライブの見どころの1つではあるが、ライブハウスに“TOGENKYO”を作り出すため、レーザービームに加え、バックドロップに映し出した映像や幻想的なスモークを使う演出を交えていた17年~18年のツアー『フレデリズムツアー ~ぼくらのTOGENKYO~』と比べると、今回のツアーはむしろ抜き身のバンド・サウンドで勝負しようと考えていたんじゃないか――。


フレデリック 撮影=ハタサトシ



そんな思いはメンバーを迎える大歓声の中、赤頭隆児(Gt)の激しいカッティング・プレイに煽られるように「遊ぼうぜ!」と三原健司(Vo/Gt)が客席に言葉を投げかけ、「シンセンス」からたたみかけるようにお馴染みの曲の数々を演奏していった序盤から、すでにヒシヒシと感じられたが、2曲目にして早くも大きな一体感が生まれた「かなしいうれしい」が、不思議なほど懐かしい曲に思えたのは、フレデリックらしさを更新した「かなしいうれしい」をリリースして以降、彼らがものすごい勢いで進化を遂げてきたからに他ならない。

広告の後にも続きます

一際力強い「KITAKU BEATS」の演奏がライブの流れを加速させる。こんな「KITAKU BEATS」は聴いたことがない!「まだまだ行けますか!?」という健司の言葉を合図に演奏はさらに過熱、レゲエ調の「シンクロック」では哀愁をにじませ、「TOGENKYO」で再びぐぐぐっと盛り上げる。そして、音楽を、人生を楽しめるか楽しめないかは、あなたしだいというメッセージを、ほとばしるエモーションとともに観客の胸に落としたのだった。


フレデリック 撮影=ハタサトシ



もっとも、この日の見どころは観客をジャンプさせたり、手を振らせたり、声を上げさせたりしながら、一体感ととともに熱狂を作り出した熱度満点の演奏だけではなかった。むしろ、挑戦という意味では、「ここからあなたたちが主役です。あなたのダンスで最強のダンスホールを作りませんか。体を揺らしていこう!」(健司)と始まった中盤のダンスホール・パートが一番の見どころだったかもしれない。それまでとは打って変わって、BPMをぐっと落とした「真っ赤なCAR」からの3曲は、速い4つ打ちのキックに合わせ、飛び跳ねるだけじゃない、フレデリックからの新たなライブの楽しみ方の提案だ。テンポを落とした4つ打ちのビートが抜群の心地好さを醸し出した「NEON PICNIC」は、まさにライブでバケた1曲だ。三原康司(Ba/Cho)が加えたコーラスも聴きどころだった。

そして、客席がゆらゆらと揺れた、そんなダンスホール・パートを締めくくったのが、「フレデリックのダンスミュージックで遊びませんか?」と健司が呼びかけた「LIGHT」だった。バックドロップに掲げたツアー・タイトルが降ろされると、代わりにバックドロップ全面を覆った無数の銀盤(CD)が現れ、レーザービームが飛び交う中、<ヒカリ テラセ イマ>という健司の歌に応えるようにランダムに光を反射する――抜き身のバンド・サウンドで勝負しながら、光を巧みに操る演出を交えるところは、やはりフレデリック。メンバー紹介代わりのソロ回しが、フレデリックの新たなステートメントとも言える楽曲に熱を込める。


フレデリック 撮影=ハタサトシ



因みにこの日は、双子の健司と康司の誕生日。「今日、何の日ですか?」という健司の問いかけに観客が♪Happy birthday to you.の合唱で応えると、「いや。(2ndフルアルバム)『フレデリズム2』の発売日です(笑)」と笑わせる場面も。「誕生日を迎えると、何のために生まれてきたのか考える」という康司は、誕生日にステージに立ち、多くのファンに囲まれている幸せを、「まさにこのために生まれました」と語り、「むしろ、みんな生まれてくれてありがとう(笑)」と感謝の気持ちを客席に伝える。健司に筋トレグッズ、康司にマッサージ機をプレゼントした赤頭、「2人の29歳最初のライブを最高のものしたい」と語った高橋武(Dr/Cho)もそれぞれに2人の誕生日を祝福。「祝う気持ちで楽しんでくれたら、俺、もっと喜んで、もっといいライブになる。そういう相乗効果がフレデリズムを生む」と健司が言ってからの後半戦は、前述した序盤以上の勢いでバンドは突き進んでいった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル