top_line

多部未華子、芝居・歌・トークありの30歳記念特別公演『MIKAKO30』を二日間限定で開催 脚本は松尾スズキ、共演は吹越満

SPICE

2019年1月25日に30歳を迎えた多部未華子が、かねてからこれまで応援してくれた人たちと特別な時間を過ごしたいという想いから企画した『MIKAKO30〜多部の素〜』を5月1日、2日、保谷こもれびホール  小ホールにて、二日間限定で上演することを発表した。

本公演は、大人計画の松尾スズキがこの日だけのオリジナルストーリーの二人芝居を書き下ろす特別な舞台。共演には、ドラマ「デカワンコ」や舞台『農業少女』などで共演した、吹越満。さらに総合演出にはノゾエ征爾を招き、二人芝居の他にも、トークあり、歌もあり、と、ここでしか見られない多部の魅力が凝縮された特別な時間をお届けする。また、会場は彼女が生まれ育った地元・西東京市で行うなど、多部の30年間の軌跡がたっぷり詰まった演目となる。

多部未華子 コメント

多部未華子は2019年1月25日に、30歳を迎えました。15歳からお仕事をはじめ、山あり谷ありでしたが、なんとかここまで運よくやってこれました。そこで、これまで応援してくださった皆々様に感謝の気持ちや素のわたしをお見せすべく(みんなが見たいかは別として)、わたしの生まれ故郷である西東京市のこもれびホールで特別公演することになりました。
後にも先にも、わたし、これやりたいです! と自ら意見を言ったのは、“探偵ナイトスクープに出たい”と言ったことと、“30歳。応援してくださった方に直接お会いしたい”この2つだけです。
自発的になにかやりたいと思うことも、それを実現させることも、なかなか今後生まれないでしょうから、ぜひ、この機会に皆様にお会いできたら嬉しいなと思います。
わたしのお父さん的存在、吹越満さんとの2人芝居や、皆様からいただいたリクエストをもとに、たくさんのステキなスタッフさん協力の元、中身が詰まった内容をお届けできるかと思います。それでは! 5月1日、2日皆様にお会いできること、なによりわたしが楽しみにしております。

TOPICS

ランキング

ジャンル