top_line

3.11から8年。忘れてはいけない大切な物語『スヌーパー 君がいた40日 避難所の小学校で起こった小さな奇跡』

music.jp

3.11から8年。忘れてはいけない大切な物語『スヌーパー 君がいた40日 避難所の小学校で起こった小さな奇跡』(C)music.jp 株式会社山と溪谷社は、『スヌーパー 君がいた40日 避難所の小学校で起こった小さな奇跡』を刊行します。
未曽有の災害といわれた東日本大震災。今年3月11日で9年目を迎えようとしています。この度出版される、『スヌーパー 君がいた40日 避難所の小学校で起こった小さな奇跡』 (丹由美子・著/山と溪谷社刊) は、この震災に巻き込まれた犬をめぐるドラマに迫ったドキュメンタリーです。

自宅で津波にのまれながらも避難所の小学校にたどり着いたゴールデン・レトリーバーのスヌーパーは、絶望と苦境に立たされた人びとの心の支えでした。その40日間にどのようなやりとりが行なわれ、命をつなぐことができたのか。今日を生き、明日に希望を託すことができたのか。数年にわたる取材を通してまとめました。

災害に見舞われたとき、ペットの命を守るために「同行避難」が推奨されています。ところが、近年の熊本地震なども含め、非常に大きな問題を抱えています。なぜ、スヌーパーの「同行避難」は可能だったのか、そして飼い主として、あるいはボランティアとして、どうすればいいのか。そのヒントがこの本の中では綴られています。

本書のテーマはそれだけではありません。家族との絆、しつけを通じて犬を育てることの大切さ、ギリギリの状況で信頼を得るためにはどうすればいいか。スヌーパーという一頭の犬の姿を通して、小さな奇跡が重なったことで、避難先の狭い教室が笑いと安心の場に変わっていく様は、偶然ではなく必然だったのだと感じさせる「真実の物語」。
家庭犬のしつけと、そのしつけ役の社会的役割の重要性も含め、災害に備えてぜひ読んでおきたい一冊です。

●著者
丹 由美子(たん・ゆみこ)
フリーの編集・ライター。実用書系の出版社に入社後、独立。犬や猫の写真集、実用書の編集・執筆を中心に幅広く活躍している。東日本大震災当時は早期に石巻入りし、「あべ動物病院」の阿部俊範獣医師、阿部容子先生を通じてたくさんの被災した動物たちと飼い主に出会う。なかでもゴールデン・レトリーバーのスヌーパーが地震と津波を生き延び、人と一緒に40 日間の避難所生活を送った話に感動し、数年来、取材を続けてきた。著書に『わんちゃんを探せ!』(ネコ・パブリッシング)、『イヌの言葉がわかる本』(経済界)、『ワンちゃんトラブル相談室』(山と溪谷社)ほか。

●章構成
   プロローグ …………6
1章 スヌーパーとの出会い …………9
2章 津波の恐ろしさ …………59
3章 同行避難の現実 …………97
4章 スヌーパーがいたから …………123
5章 命のカウントダウン …………143
   石巻の災害動物医療の現場から あべ動物病院 阿部俊範・阿部容子 ……154
   エピローグ ………158

●書籍情報
刊 行:2019年3月2日
定 価:本体1200円+税
体 裁:四六版(上製)160ページ


https://books.rakuten.co.jp/rb/15762972/


他オンライン書店および全国の書店にて販売いたします。

TOPICS

ランキング

ジャンル