top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂上忍語る、私財で犬猫の保護施設作る理由は“若い頃の失敗”

女性自身

「もう、土地は決めました。うちの子たちを見てると、自然に近い環境のほうがてきめんに喜ぶので、山にしました。広さは東京ドーム1個分。ひと山丸ごとドッグランって感じになると思います」

 

そう語るのは、昨秋にスタートした『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系・金曜19時~)でMCを務めるタレントで俳優の坂上忍(51)。番組は坂上本人の長年の夢でもある、動物と人間が楽しく過ごせる“どうぶつ王国”建設がテーマ。まずは千葉県内に、犬猫の保護施設を作る予定だ。

 

驚くのが、これがテレビ局主導の番組企画ではないということ。土地代はもちろん、運営費なども坂上が負担していく。

広告の後にも続きます

 

「番組が始まったときにも言ったんですけど、番組があろうが終わってしまおうが、僕がやることなんで。私財を投入? もちろん」(坂上・以下同)

 

これまで、13匹ものわんこたちを“息子”と呼び、ともに暮らしてきた坂上。先月5日のブログでは“坂上家の14男坊”として、今度は元・保護猫のちくわ君を新たに迎え入れたことを発表。何が彼をそこまで動物愛護に向かわせるのか。坂上は「義務」とも話す。その原点は、若いころの失敗にあった。

 

「30代前半、マンションで1人暮らししていたときに、オスのコーギーを飼ってました。ヒット君っていう名前だった。最初はかわいがってたのに、やがて仕事にかまけ、遊びにかまけ……」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル