top_line

こしょうの地位向上に励むペッパー夫婦が登場! 電柱大好き少年が告白した悩みとは? 『マツコの知らない世界』

music.jp

こしょうの地位向上に励むペッパー夫婦が登場! 電柱大好き少年が告白した悩みとは? 『マツコの知らない世界』(C)music.jp 日常にこそ潜む興味深い“知らない世界”を、その道のスペシャリストがマツコ・デラックスに紹介していく「マツコの知らない世界」。2019年2月19日(火)放送分[TBS系 20:57〜22:00]は、「こしょうの世界」と「電柱の世界」に迫る。

●こしょうの世界

こしょうの地位を向上させようと20年間も奮闘し続けている林準一さんと恭子さんのペッパー夫婦が登場。2人は、産地のスリランカに嫁いだ知人から貰った「粒こしょうの塩漬け」を食べ、その美味しさに惹かれてこしょう好きになったという。準一さんはこしょう料理をメインとした中華店を営みながら、ブームを作りだそうとキャラクターやゲームを考案し、日本胡椒協会を設立。こしょうの販売を1人で行っている妻の恭子さんと共に、様々な料理へのマッチングを試しながら、こしょうの可能性を日々追求している。

このたび2人は、オススメのこしょうや、インドネシア、スリランカ、マダガスカル、ベトナムといった産地ごとに違う香りや辛さ、料理との相性などをマツコにレクチャー。そして、カンボジアで日本人が復活させた、市価の8倍以上の値段で取引され“赤いダイヤ”と呼ばれている希少価値の高いこしょうをマツコが味わう。

●電柱の世界

高度経済成長の日本で電力需要に応えるために増え、全国に3500万本以上あるという電柱に魅せられた少年・須賀亮行さんが出演。彼は3歳の頃、電柱が生き物に見えて好きになって以来、電柱のある街並みや個性豊かな電柱を探し出して撮影すること、電柱模型を作ることが楽しみなのだそう。

そんな須賀さんが、これまで撮影してきた1万枚以上の写真や、500本以上も作ったという模型の中から、お気に入りを披露すると共に、函館にある日本最古のコンクリート製四角すい電柱や、足尾銅山で見つけた、当時では珍しい鉄筋コンクリート制の3連電柱、世界遺産の富岡製紙工場にある昭和30年頃に作られた木製のH柱などを詳しく解説。また、彼が「上半身ミイラ」「集団白衣」「18目モンスター」などとユニークな名前を付けた変顔電柱や、電線に流れる電流が鉄柱や地面に漏電しないために取り付けられている絶縁具「碍子」の種類などについても紹介する。

さらに、メーカーも驚くほど詳しい電柱の知識を持つ須賀さんが、マツコに悩みを打ち明ける一幕も…。一体どのような悩みなのか? 気になる人は放送のチェックをお忘れなく。

■『マツコの知らない世界』 2/19(火) ペッパー夫婦がおススメする「こしょうの世界」&ノスタルジー溢れる「電柱の世界」【TBS】

■マツコの知らない世界|TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

TOPICS

ランキング

ジャンル