top_line

2018年年間ソフト首位は「モンスターハンター:ワールド」!スマブラ、ポケモン、スプラなどSwitch作品が多数上位に

music.jp

2018年年間ソフト首位は「モンスターハンター:ワールド」!スマブラ、ポケモン、スプラなどSwitch作品が多数上位に(C)music.jp ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2018年の国内家庭用ゲーム市場について、以下のとおり速報をまとめました。集計期間は2018年1月1日〜2018年12月30日です。
■2018年国内家庭用ゲーム市場規模: 4343.0億円
(集計期間:2018年1月1日〜2018年12月30日/週数:52週)

※市場規模はハード・ソフト(オンライン含む)の合計値です。
※ソフト市場規模には、おもに店頭および通信販売で決済されたパッケージソフトと、オンライン決済(ダウンロード販売、サブスクリプション、追加課金等)の金額の推計が含まれています。

※年間推定販売本数はパッケージとダウンロードの合計です。
※ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたものを表示しています)
※パッケージソフト(ダウンロードカード、本体プリインストール版を含む)の推定販売本数は、ファミ通協力店の皆様からご提供いただいた情報をもとに、家庭用ゲーム機各機種に対応したソフトを同一の条件でファミ通が独自に推計したものです。また、ダウンロード版の推定販売本数は、家庭用ゲーム機各機種のダウンロード販売サイトにおいて有償で配信されているソフトを対象に、Gzブレインが週単位で実施しているeb-i(Entertainment Business Insight)の調査のほか、さまざまな情報をもとに独自に推計したものです。

2018年の国内家庭用ゲーム市場について
2018年の家庭用ゲーム市場規模は、ハード・ソフト合計で4343.0億円となりました。ハード市場は昨年対比でマイナスとなりましたが、2013年から2016年の市場規模を上回っており、依然として高い水準と言えます。一方、ソフト市場はダウンロード販売が大幅拡大し、オンライン決済全体を含めると、2年連続で昨年対比プラスとなりました。

ダウンロード販売を含めたソフトランキングの年間首位は、286.0万本を販売した「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月26日発売/PS4)が獲得。2018年初頭におけるプレイステーション4本体の販売を牽引しました。なお、ダウンロード版の売上が87.4万本と全体の3割近くを占めています。
続く2位には「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂/2018年12月7日発売/Switch)がランクイン。12月の発売ながら、3週間あまりでダブルミリオンに到達するという目覚ましい勢いで、Nintendo Switch本体の販売も強力に押し上げています。

ハード市場では、Nintendo Switchが348.2万台を販売して年間販売台数のトップとなりました。そのうち12月期だけで115.9万台、年間の3分の1に相当する売上台数を達成し、年末商戦において大きな存在感を示しました。同ハードは2017年3月に発売されましたが、発売年の年間販売台数340.7万台を上回る結果となりました。なお2位のプレイステーション4は、年間169.5万台を販売しています。

2019年は、「New スーパーマリオブラザーズ U デラックス」(任天堂/2019年1月11日発売/Switch)や「キングダム ハーツIII」(スクウェア・エニックス/2019年1月25日発売/PS4・Xbox One)といった人気タイトルが年明け早々から登場し、今年も家庭用ゲーム市場の動向が注目されます。

※ファミ通調べ

TOPICS

ランキング

ジャンル