top_line

欅坂46平手友梨奈のアクションシーン、その裏側が明らかに 映画『響 -HIBIKI-』メイキング映像で"3年ぶり"の自転車練習風景も公開

SPICE

3月6日(水)にBlu-ray&DVDが発売される映画『響 -HIBIKI-』から、メイキングドキュメンタリー映像の一部が公開された。

『響 -HIBIKI-』は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴氏によるコミック『響 〜小説家になる方法〜』の実写映画化作品。類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が巻き起こす波乱を通し、響と周囲の人々の変化と成長を描いた物語だ。主人公の鮎喰響を演じた平手友梨奈(欅坂46)は、本作で映画初出演にして初主演を飾り、第 42回日本アカデミー賞をはじめ、数々の映画賞で新人賞を受賞している。


解禁されたのは、同作Blu-ray豪華版の特典ディスクに収録された「メイキングドキュメンタリー」の一部。月川翔監督との対談で、同作への出演が決まった際の気持ちをあらためて聞かれた平手は、「え~無理、って思いました」と答えるなど、本音を語る姿が収められている。また、平手と北川景子が取っ組み合う、アクションシーンの裏側も公開。アクション部の演出や、北川のアドバイスを受けながら、激しい撮影を行っていたことがわかる。そのほか、平手が約3年ぶりに乗るという、自転車の練習風景も収められている。


(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館



TOPICS

ランキング

ジャンル